中川翔子が肩出しウエディングドレス姿を披露!

#中川翔子

中川翔子が、「ゼクシィ」の姉妹版「ゼクシィ Premier(プレミア)」AUTUMN2019(8月23日発売)の表紙を飾り、肩出し大人ウエディングドレス姿を披露。「譲れないのは、猫に優しい人」と結婚相手に求める条件についても語っている。

中川翔子のウエディングドレス姿、その他の写真

中川はタレント、歌手、声優などマルチに活躍中。普段はかわいらしいイメージだが、今回は一転、エレガントな大人ウエディングドレス姿を披露し、さらに、34歳を迎えた今の結婚への思いについても赤裸々に語っている。

丸顔と肩回りのたくましさがコンプレックスだという中川は、それをカバーしようと、髪型はずっと変えずにきた。服装も自然とスタイルが固定してきたが、今回の撮影では「プロに身を委ねます!」とイメチェンを決意。おでこを出し、大胆に肩が出るドレスを着用し「エレガントしょこたん」に変身した。その変貌ぶりは、本人をして一瞬「えっ! これは誰!?」と思ったほど。 「シンプルなものを美しいと感じる年齢になったこともあり、今回のスタイリングは本当に素敵でした。生きた証が残せて良かったです!」と大満足の様子。

また中川は、令和中に結婚したいと話し、理想の結婚相手については「最低限譲れないのは、猫に優しい人。もはや猫に優しい人であればいいです」と答える。結婚観については年を重ねるにつれて変化があり、「最近までは顔に傷があるような人がいいと思っていましたが、今は似たような感性があることが大事。ゲームとかしない人でいいから、お互いに無理をしない自然な関係が理想です」と語った。実はすでにお子さんのためにしていることもあるそうで、「気が早いんですけど、まだ見ぬわが子のために色々と買いそろえています。最近は宇宙や深海生物の図鑑を購入しました。紙書籍ではなく電子書籍なら末代まで受け継げると思って、そちらの購入も検討中です」と中川らしい未来の計画を明かす。

さらに結婚式に関しては「海外で」と語る中川。理由は両親にあるそうで、「父が歌手でデビューしたとき、両親はほぼ駆け落ち状態でグアムに行き、式を挙げたみたいなんです。そこまで思い切るのは私にはできないけれど、両親からグアムの式の写真を見せてもらったときに、素敵だなと思ったんです」とコメント。結婚式ではできれば彼とデュエットがしたいと話し、「相手も歌える人じゃないと困りますね。ものすごく音程を外してズッコケとか困るなぁ」と茶目っ気たっぷりに語っていた。