『ハリポタ』&『ファンタビ』全10作品の世界興収が1兆円突破!

#ファンタビ

(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. 
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.

『ハリー・ポッター』シリーズ1作目となる『ハリー・ポッターと賢者の石』(01年)から現在上映中の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』までの全10作(『ハリー・ポッター』シリーズ8作品と『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作品)の世界興行収入累計が、1兆211億8174万2623円となり、1兆円を突破したことが発表された。

[動画]『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』予告編

最新作の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国359館、1008スクリーンで封切となり、10〜20代の女性を中心に、子連れのファミリーやカップル、往年の映画ファンなど、老若男女、幅広い層が来場。73.4億円の興収を記録した前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の初日の数字を大きく上回るロケットスタートを切っており、12月5日時点で興収32億2031万7000円に達している。

字幕や吹替版、3Dや4Dなど、あらゆるシステムで上映されていることから、複数回『ファンタビ』を見るリピーターも続出。これから冬休みに入ることもあり、さらなる興収の上積みも期待される。