『461個のおべんとう』公開に合わせ、井ノ原快彦と道枝駿佑の新インタビュー映像解禁

##V6#461個のおべんとう#井ノ原快彦#森七菜#若林時英#道枝駿佑#関ジャニ

461個のおべんとう
(C)2020『461個のおべんとう』製作委員会

“生きているのは当たり前じゃない”と思わせる

映画『461個のおべんとう』が11月6日に全国公開となったが、初共演となった井ノ原快彦道枝駿佑のインタビュー映像のうち、先日解禁となった前編に続く後編が解禁となった。

・劇場版『仮面ライダージオウ』に前野朋哉、若林時英が出演決定!

今回解禁となった映像では、井ノ原が印象的なシーンとしてカラオケボックスでの出来事を挙げ、「(若林)時英くんが歌って、森七菜ちゃんも手拍子やってて、それを(道枝が)ニコニコして見ていて、なんか役そのものって感じだった」と明かす。

また、井ノ原演じるシングルファザー鈴本一樹の調理シーンや、道枝演じる息子の虹輝が弁当を食べる本編も盛り込まれている。

虹輝が「見た後は“おなか減った”、“早くごはん食べたい”と言ってくれるのが一番だと思うので、当たり前じゃない日々をこうやって生きていることは幸せなんだよというのを感じてくれたらなと思います」と語ると、それを受けて井ノ原も「最後のみっちーがお弁当食べるシーンは忘れられなくて、本当に生命力を感じるんですよね」と作品の魅力を語った。

高校3年間の“約束”で築く父子の絆

本作は、妻と別れた鈴本一樹(井ノ原)と、父を選んでくれた息子の虹輝(道枝)の物語。やがて高校に入学した虹輝は「3年間、休まず学校へ行く」、一樹は「3年間、毎日弁当を作る」という約束を結ぶことに。慌ただしい毎日の中、461個の弁当を通して父と息子はどのような絆を築くのか?

インタビュー映像(後編)はコチラ(https://youtu.be/TmNDBsMkeh8)

映画『461個のおべんとう』は、本日11月6日より全国公開中。