デンゼル・ワシントン息子ほか、2020年の活躍が期待される若手スター&監督たち

#映画

『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン(右)
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン(右)
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン(右)
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.
ジョン・デヴィッド・ワシントン主演の『TENET テネット』9月18日公開
(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
『ミッドサマー』2月21日公開
(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

毎年新しい才能が登場する映画界。2020年に要注目な俳優の筆頭にあげたいのはイギリス出身のフローレンス・ピューだ。2019年に『ファイティング・ファミリー』で実在するプロレスラー一家に育ち、自身もレスラーとして活躍する主人公を演じた彼女は今年3本の出演作が日本公開される。

『ミッドサマー』『TENET テネット』などの画像はこちら

2月公開の主演作『ミッドサマー』は、『へレディタリー/継承』で鮮烈なデビューを飾ったアリ・アスター監督の第2作。異色のホラー映画で、恋人や友人たちとスウェーデンの田舎の夏至祭を訪れたヒロインを熱演している。3月には名作「若草物語」の映画化『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』で四姉妹の末っ子エイミーを演じ、少女から大人の女性への成長を繊細に演じた。5月にはスカーレット・ヨハンソン主演の『ブラック・ウィドウ』にも出演する。彼女は2代目ブラック・ウィドウになるエレーナ・ベロワを演じる。

1月公開の『ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密』のアナ・デ・アルマスも活躍が期待できる。2019年はダニー・ボイル監督の『イエスタデイ』に出演するも本編ではカットされる憂き目にあったが、ライアン・ジョンソン監督(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』)の『ナイブス・アウト〜』では大物小説家殺人事件の鍵を握る看護師を演じた。4月公開の『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』ではジェームズ・ボンドのアシストをするCIAエージェント、パロマを演じている。

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』に主演するジョン・デヴィッド・ワシントンも要注目だ。デンゼル・ワシントンの息子で学生時代からアメリカンフットボールの選手として活躍、大学卒業後にプロ選手なり、引退後に俳優へ転身、2018年のスパイク・リー監督の『ブラック・クランズマン』に主演してゴールデン・グローブ賞や映画俳優組合賞などで主演男優賞のノミネートされた。父親とは違う個性で、独自の道を切り開いている。『TENET テネット』でW主演のロバート・パティンソンも、近年は出演作選びのセンスが冴え、俳優としての幅を広げている。Netflixオリジナル映画『キング』ではティモテ・シャラメが演じる若きイギリス王ヘンリー五世と対決するフランス王太子を怪演、ウィレム・デフォーと共演した『The Lighthouse(原題)』も好評だ。

3月公開の『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』で病弱な三女ベスを演じるエリザベス・スカンレンはAmazonで配信中の『シャープ・オブジェクツ』で、エイミー・アダムス演じる主人公の異父妹役で注目されたオーストラリア出身の新人。2020年トム・ホランド主演のサイコ・スリラー『The Devil All the Time(原題)』にも出演する。

監督では、レニー・ゼルウィガーがジュディ・ガーランドを演じ、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞候補になった『ジュディ 虹の彼方に』のルパート・グールドに注目したい。小劇場ながら、レイフ・ファインズなど有名俳優も出演、ブロードウェイに進出する作品を発信し続けるアルメイダ・シアターの芸術監督で、舞台演出家としても活躍するグールドはゼルウィガーから名演を引き出し、各映画賞を賑わせている。演劇界の名匠の映像での活躍に期待したい。『トップガン』の34年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』のジョゼフ・コシンスキー監督は、トム・クルーズとは2013年の『オブリビオン』でも組んでいる。

ハリウッドでは女性監督の台頭も目立つようになってきた。DCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)の『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンス監督の成功を受けて、今年はヒーロー映画2本に女性監督が起用されている。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ4のスタートを切るスカーレット・ヨハンソン主演の『ブラック・ウィドウ』のケイト・ショートランド監督は『さよなら、アドルフ』『ベルリン・シンドローム』など人間ドラマからスリラーまで幅広いジャンルを手がけてきた彼女ならではの、ドラマとアクション双方をたっぷり見せる作品が期待できそうだ。

アンジェリーナ・ジョリーがMCUに参戦する『エターナルズ』も女性監督。『ザ・ライダー』が絶賛された中国出身のクロエ・ジャオが不老不死の種族「エターナルズ」の物語をどう演出するかが楽しみ。

マーゴット・ロビー主演の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』もDCコミック初のアジア系女性監督、キャシー・ヤンを起用。ジャーナリストから映画製作に転身し、長編映画監督デビュー作『Dead Pings(原題)』がサンダンス映画祭で注目され、『ハーレイ・クイン〜』監督に起用された。同作はDCEU初のR指定映画でもあり、制限の少ない環境でどのような作品が仕上がるのか、これも大きな話題を呼んでいる。