アン・ヒョソプ主演『社内お見合い』Netflix日本第1位! 原作再現度も高い!

#Netflix#NetflixTOP10#アン・ヒョソプ#キム・セジョン#コラム#社内お見合い#韓国ドラマ#韓流

『社内お見合い』
Netflixシリーズ『社内お見合い』独占配信中。

人気急上昇中の若手イケメン俳優が主演!

【Netflix TOP10】Netflixがオリジナル作品やライセンス作品を対象に、毎週の人気作品をランキングする「Netflix TOP10」。今回は、「Netflix日本TOP10」(TV)から、第1位の『社内お見合い』をピックアップ。韓国の同名小説とWeb漫画「お見合い相手はうちのボス」を原作とし、今注目の俳優アン・ヒョソプが主演を務めている話題作だ。

2022年2月28日より配信を開始したが、直後から大人気で、日本では6週連続でランクイン、3週連続で1位を獲得中! グローバルTOP10 でも今週は首位を譲って2位となったものの、先週まで3週連続1位を獲得している。

ディカプリオ主演の終末系ダークコメディ、Netflix視聴時間で歴代2位!

親友の代理で参加したお見合いの相手は、なんと会社のCEOだった!!

「GOフード」で働くシン・ハリ(キム・セジョン)は、ある日、親友の代理でお見合いに参加することに。得意の演技でお見合いを破談にさせようと目論むハリだったが、見合い相手に現れたのは、同じ会社のCEOカン・テム(アン・ヒョソプ)だった! テムから思いがけずプロポーズを受けるハリだったが、実はテムもハリに特別な感情を抱いているわけではなく……。

主人公・ハリが、お見合いを破談にしたい親友のために代理でお見合いに参加するところから物語は始まるが、ハリの前に現れたイケメン社長のテムも実は祖父の命令でやむなくお見合いに参加しているだけ。社内でテムに正体がバレないように奮闘するハリと、そんなハリに本当に恋してしまうテムとの、立場を越えたオフィスラブコメだ。

完璧男を体現するヒョソプの前髪に注目!? セジョンもチャーミング!

テムを演じるヒョソプは、容姿端麗で仕事もできる完璧男を体現しており、原作再現度の高さを見せつけた。オンオフで前髪の下ろし具合に変化が見られるのも嬉しい。ハリ役の元「gugudan」メンバー・セジョンも、お見合い演技モードと普段のオフィスカジュアルのギャップがコミカルかつチャーミングだ。

「Netflix日本TOP10」(TV)では、現在でも韓国ドラマが軒並み上位を占めており、その根強い人気を証明した。中でもやはり恋愛ものは安定の人気で、『愛の不時着』や『梨泰院クラス』といった定番どころから、話題の若手イケメン俳優が出演するロマンチックなラブコメディーが注目されている様子だ。(文:U)

【Netflix日本Top10(映画)/4月4日~4月10日】
1位『社内お見合い』
2位『気象庁の人々』
3位『二十五、二十一』
4位『39歳』
5位『愛の不時着』
6位『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』
7位『梨泰院クラス』
8位『偶然見つけたハル』
9位『黒子のバスケ』
10位『SKET DANCE』

INTERVIEW