『人狼ゲーム マッドランド』浅川梨奈インタビュー

童顔巨乳アイドルが初体験に胸躍らせ「早く次がやりたい!」

#浅川梨奈

今度は甘酸っぱいやつがやりたい!

桜庭ななみ、土屋太鳳、高月彩良、小島梨里杏、古畑星夏など本格派女優の登竜門として注目を集める映画『人狼ゲーム』。そんな注目の人気シリーズ第6弾『人狼ゲーム マッドランド』が7月15日より公開されるが、主演に抜てきされたのは人気アイドルSUPER☆GiRLSの浅川梨奈だ。

共演には、高い演技力に定評のある『暗殺教室』の松永有紗、舞台「犬夜叉」の佐奈宏紀など抜群の存在感を示す若手俳優たちが集結、シリーズ史上最悪のルールで行われる衝撃の「人狼ゲーム」が始まる――。今回は映画初主演を果たした浅川に女優への思いを聞いた。

──映画『人狼ゲーム』シリーズは、これまでも土屋太鳳さん、桜庭ななみさんといったそうそうたる面々が主演を務めてきた人気シリーズですが、お話が来た時はどう思いましたか?

浅川梨奈

浅川:過去の映画『人狼ゲーム』は見たことがあったんですが、まさか自分が出演できるとは思っていなかったですし、しかも主演なんて想像すらしていなかったことなので、すごくビックリしました。歴代作品の主演の方のお名前を見ても、ものすごく圧倒されるものもありますし、プレッシャーや緊張感、不安というのもあったんですけど、でもやっぱり楽しみという気持ちが一番大きくて。早く撮影したいなという気持ちになって。めちゃくちゃ嬉しかったです。

──今回が長編映画初主演となりましたが、どういう気持ちで向き合ったんですか?

浅川:台本をもらった時に、登場人物が印刷してあるページがあるんですけど、その1ページ目に自分の名前があって。そのページに名前が載っているのは自分だけ、というのが初めてで。それから映画のエンドロールにも、一番初めに自分の名前が出てくるということに鳥肌が止まらなかったですね。でも私は誰よりも経験が少ないと思いますし、まだまだな部分もたくさんあります。なので、主演だからというよりも、みんなからいいところを吸収しながら頑張ろうと思っていました。今回の現場は、同世代の子たちが多いからこそ、学べるものがすごく大きかったんですよ。想像した以上にみんなから受け取るパワーやエネルギーが大きくて。だからこそ、自分も負けていられないと思ったし、私にとってすごく勉強になったし、刺激にもなりましたね。

浅川梨奈

──浅川さんが演じた萌は、監禁した高校生たちに殺し合いをさせるというゲームに参加させられる役柄でした。ゲームの参加者たちが生死をかけて、むき出しの感情でぶつかり合うシーンも迫力がありましたが、演じてみてどう感じましたか?

浅川:本当に苦しかったです。みんな殺したくて殺しているわけじゃない。でも自分が生き残るためには誰かを殺さないといけないからやっているだけで。みんなの感情がこんなにもモロに出ていることはないですよ。監督からも感情の赴くままに動いていいと言ってもらえたので、アドリブが本当に多かった。本当にハードな現場だったし、内容もハッピーなものじゃないから、精神的につらいところもありましたが、役に真っすぐ向き合って、お芝居をさせていただくことができて。こんなに幸せな環境ってないなと思いました。

──アイドルがホラー映画に出演するのは定番ですよね。

浅川:そうですね。でもやっぱり『人狼ゲーム』は、いろいろな女優さんがやってきた歴史があるので、『人狼ゲーム』のファンの方からはアイドルがやるのは大丈夫なの?という声があるかもしれません。でもこれは実際に見てもらって、意外にいいじゃんと言ってもらえたらこっちの勝ちだと思うんです。

浅川梨奈

 いろんな方に見ていただいて、感想を言ってもらいたいと思っているんです。わたしはファンの方の厳しい意見も大事だと思っていて。いろいろな意見を知ることで、こういう風に見られているならこういう風に改善しようと思うし。自分が気付かずにやってしまっている部分もあると思うんで、そういった意見には目を通すようにしています。

──今回の『人狼ゲーム』も良かったですし、『14の夜』でも違った感じで非常に良かったと思います。

浅川:この1年くらいでやらせてもらった役はパンチが効きすぎていて。タバコを吸ってバイクに乗るヤンキーの女の子だったり。マージャンをやる女の子だったり。原宿でスカウトされて危ない世界に連れて行かれそうになる女の子だったり。話すのが苦手な女の子だったり。いろいろ挙げだしたら切りがないくらい。すごくいろいろとやらせてもらっているなと思うんですけども、でも『人狼ゲーム』をやらせてもらってから、演技に対する考え方が変わったというか。今は早く次がやりたくてしょうがないです。

──こういう役柄をやってみたいとか、希望はあるんですか?
浅川梨奈

浅川:『咲 -Saki-』をやった時に、やっぱり最初はいろいろと言われたんですけど、実際に完成した作品は、『咲 -Saki-』の原作ファンの方がものすごく好きでいてくれて。早く続編をやってほしい、もっと見たいと言ってくださった。こんなにも原作のファンの方に愛される作品があるんだと気付いて。演技次第ではこうやって認めてもらえることもあるんだなと。それ以来、わたしは積極的にマンガ実写がやりたいと思っているんです。わたしは少女マンガが大好きなんで、今度は少女マンガの実写をやってみたいです。

──少女マンガというと、ラブストーリーとか?

浅川:学園ものがやりたいです! 学園ものって今しかできないと思うので、できるうちにいっぱいやりたいですね。そういうところで夢を見たいです。本当に夢を見たいんです。甘酸っぱいやつをやりたいです(笑)。

ものすごく演技が楽しいなと思った
『人狼ゲーム マッドランド』
(C)2017「人狼ゲーム マッドランド」製作委員会

──では、あらためて初主演作を振り返ってみて。浅川さんにとってどんな作品になりました?

浅川:この作品を通して、ものすごく演技が楽しいなと思ったんです。もっと演技がしたいと思うようになりました。もともと演技は好きだし、やりたいと思う気持ちはあったんですけど、この作品で役に対する意識もガラッと変わりましたし、この作品で気付いたことが本当に多くて。この作品の後に撮った作品でも、けっこうそれを意識しながらやらせてもらいました。本当に大きな財産になったなと思っています。

──浅川さんは女優のみならず、グラビアでも活躍していますし、SUPER☆GiRLSとしてアイドル活動もされています。そんな中で女優の仕事というのはどういう位置づけで考えているのでしょうか?

浅川:例えばグラビアというのは写真なので、とにかく清楚(せいそ)に見えるように、且つちょっとでもセクシーに見えるようにと考えています。自分なんだけど、自分じゃない自分を演じるような感覚なんですよ。そしてアイドルの時は、本当に自分が楽しんでパフォーマンスをしています。そうやって笑顔で楽しい、という思いをお客さんに伝えるという感じです。それから演技の時は、自分がというよりも、役を演じさせてもらう、という感覚があります。その子にはその子の人生があるんで、その子の人生を考えながら、役に向き合っていますね。

(text:壬生智裕/photo:小川拓洋)

浅川梨奈
浅川梨奈
あさかわ・なな

1999年4月3日生まれ、埼玉県出身。2014年に「SUPER☆GiRLS」2期生メンバーとしてグループに加入。抜群のプロポーションを武器にグラビアで大活躍する一方、女優としても『咲-Saki-』(17-18年)や、『恋と嘘』(17年)などに出演すると、『人狼ゲーム マッドランド』(17年)では主演を務めるなど精力的に活動している。2019年1月11日に「SUPER☆GiRLS」を卒業。女優として本格的に活動を開始した。