『GONIN サーガ』東出昌大&桐谷健太インタビュー

前作から19年後を描いた鬼才・石井隆監督作品の現場を語る

#東出昌大#桐谷健太

前作にとらわれず、できることを精いっぱいやった(東出)

バイオレンスアクションの傑作として今なおファンの多い『GONIN』から19年、石井隆監督・脚本による続編『GONIN サーガ』が誕生した。

主演は東出昌大。東出は、前作で命を落とした大越組若頭の息子・久松勇人を演じる。勇人と共に父の死を目の当たりにした大越組の組長の息子・大輔役には、桐谷健太。その他、大越組を束ねる五誠会に囲われている元アイドルの麻美役に土屋アンナ、五誠会三代目の誠司役に安藤政信ら若き才能が集結。さらには前作で銃弾を受けながらも植物状態で生きていた氷頭役として根津甚八が本作限りの復活を果たすなどベテラン勢も顔をそろえた。

五人組による大越組襲撃事件から19年後を描いた作品で新たな“五人組”を演じた東出と桐谷に撮影秘話や感想を聞いた。

──若いおふたりにとって、『GONIN サーガ』に出演したことはどのような経験になりましたか?

東出:続編ではありますが、前作とはスチールとデジタルの差があったり、(五人組の1人だった)荻原役の竹中直人さんが今作ではヒットマンの明神役で出演していたりといった違いもあるので、僕自身は前作にとらわれすぎずに今できることを精いっぱいやった、という感じです。

桐谷:僕は役者デビューする前から前作を見ていて面白いと思っていたので、その息子世代の話に出させていただけるということで、その世界に溶け込めるだけで嬉しかったですね。台本がまた分厚くて。監督も仰ってましたけど、最初は4時間なんぼになって、それを3時間にして、最終的には2時間にして。でも、いろんな事情で2時間になったことで、“激流感”は出たのかな、と思います。撮影期間もふつうの映画より短くて、朝から晩まで撮って、体もだんだんどこかしこ痛なってきて、すごい雨のシーンが多くて(笑)。それがいい感じにテンションがおかしくなってくるというか。ずっと雨に当たっていると、芝居から離れて出たものが出るというか。そういった意味では、東出もそうですけど、この映画のストーリーとリンクしていて、すごい激流に流されているふたりを演じられたんじゃないかと思います。

東出昌大(左)と桐谷健太(右)

──編集がまた素晴らしくて短期間で撮影したことによるエネルギーがあふれていましたが、現場で体感したものと完成した映画の違いはありましたか?

東出:それは正直ありました。3分の1削られたことによって、見てる人は物語についてこられるかな?と思ったり。僕らは他の可能性も知っているので。ただ、すごくテンポがよくて、バイオレンスやアクションがあって、いろんなことが起こって、最後にだっと走り抜けていく感じがいいですよね。石井監督による、近年にない邦画だと思いました。

──脚本を読んだときに、役作りについてはどのように考えましたか?

東出:登場人物が多いので人物相関図は作りましたが、本当に現場に入ってみないとわからないことも多かったので、現場で石井監督のおっしゃることを聞きながら役をつくっていきました。

桐谷:僕の役は大越組の組長の息子で自分の親父が殺されて、土砂降りの中で死体となって横たわっているわけですから、それはもう心に残るでしょうし、気づいたら運命の流れにのっかっていて、大越組を再興させることが親父への弔いになるのではないか、とか考えていると思うんです。そういうキャラクター作りはしましたが、この映画は前作を見ていなくても十分に面白い作品ですし、どんどん転がっていってる感じが強みだと思うので、人物の関係や感情を頭で考えながら見るよりも体感してほしいですね。僕も最初は考えましたけど、途中からはなんか知らんけど勇人と強盗しにいって、結婚パーティに乗り込んでて、みたいな感じだったので、見ているほうもそれでいいと思います(笑)。

根津甚八さんの役者魂がすごいと思った(桐谷)
撮影中の様子

──石井監督から役に関して説明はありましたか?

東出:すごく飄々とされている方で、現場でもこちらに来て「勇人は優しい人だよー」「お母さん想いだよー」とか、ぼそっとおっしゃるだけで、細かい指示はなかったですね。

桐谷:見た目はちょっと“ゆるキャラ”っぽくてね(笑)。でも大胆で奇抜でぶっ飛んでるんですけど、チャーミングなところもあり、冷静でもあり。だから、「こういう感じかもねー」っていうだけで答えを提示はしないんです。

東出:そうそう(笑)。

桐谷:石井さんは我が子のように『GONIN』を愛していますが、かといってこういう芝居をしてほしい、と答えを指示すると面白くないという気持ちもあると思うので、そこはどこかで僕らを信じてくださったのかな、という感覚はありますね。

──引き込まれる作品ですが、ご自身で印象に残っているシーンは?

桐谷:目が印象的なんですよ、それぞれの。ぱっと目のアップが入ったりするんですけど、それが俺の中では印象的で、“あ、こいつが出る”みたいな。石井さんが見せたい人間の強さや哀しさは一瞬の目に出るのかな、と思いましたね。根津さんが俺の足をつかむシーンの撮影のとき、リハから本番までの間でだいぶ根津さんもお疲れだったのですが、監督が「根津さん、目、今、撮ってる!」と叫んでいて、根津さんもそこでグワーッと、パッションが感じられる目でこっちを見てくるんです。その目に生きようとする強さが集約されている気がするんですよね。

東出:僕も特定のシーンを挙げるのは難しいのですが、銃と暴力と雨の中、という設定で、石井監督もああしろこうしろと言わないから、本能的な演技になるんですよね。動物的な目になっていたり。それがいきいきとしていて、極限にいる人間の姿が現れていてかっこいい、と思いました。

──勇人と大輔には兄弟愛のような強い絆が感じられますが、おふたりがキャスティングされたときにお互いにどう思われましたか? すんなりそういう雰囲気になれましたか?

桐谷:そうですね。話し合ったりはしていないよね。 気が付けばクランクインと同時にふたりとも「たばこは吸わない」という暗黙の了解ができていて。

『GONIN サーガ』
(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会

──なぜ禁煙だったのですか?

桐谷:石井さんが煙いのが苦手なので(笑)。いや、本当に。吸いそうじゃないですか、この映画の人たちって。でも、喫煙シーンはほとんどないと思いますよ。最初に集まって“よろしく会”のようなときに、ふたりでなんとなく、たばこやめようか、みたいな結束はありましたよね。そして、クランクアップと同時にふたりでスパーッと(笑)。

東出:桐谷さんが兄貴肌で面倒見がよくて、役の上でも兄貴分ですから、東出としても勇人としても自然と慕うようになりましたね。

──桐谷さんは東出さんよりキャリアが長いですが、何かアドバイスをされたりしましたか?

桐谷:それはないですね。なかったよね?

東出:そうですね(笑)。

桐谷:もし例えば嫌な気分を他人にさせているような人がおったら言うかもしれない、ちょっと感づいたほうがええで、みたいな。でも、逆に俺が見習わなあかんな、というくらい、もうね、空気感でわかると思いますけど、優しい感じで。それが勇人とリンクしていると思いますけど、なんかこう“かわいいな”って。ナデナデできないですけどね、身長差で(笑)。

『GONIN サーガ』
(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会

──土屋アンナさん演じる麻美は強くて頼もしくもありますが、あのような女性をどう思いますか?

東出:役としてはかっこいいですけど、自分としてはちょっといいかな(笑)。

桐谷:扱いにくいですからね(笑)。

東出:男としては誠司の婚約者のほうが好みかな(笑)。

──強い情念が感じられる作品でしたが、さきほどのお話にもあったような本能的な演技を引き出す石井監督の現場というのはどのような体験でしたか?

東出:取材でこれ言ったら元も子もないんですけど、昼夜問わず撮影していて、記憶があんまりない(笑)。最後の5日間なんて、3日間だったのか1週間だったのかわからないほどで、毎日、地下に潜って、表に出てきて、雨に打たれて、(銃で)パンパンやってましたが、どこから何台のカメラで狙われてるかわからないし、どこまで進んでいるのかわからないけど、たまに外に休憩に出てくると、もう日が暮れてるんだ、とかそういう中でやっていました。この前、石井監督と2人で取材を受けたときに、何々のシーンが、という話になると、監督はすべてスケジュールを覚えているんですよ。「あの撮影は最初のほうでごめんね」とか。っていうことは、役者の気持ちも汲みながら、狙ってスケジュールを組んでくださっていたんだな、と思いました。

桐谷:僕としては、石井さんに「はーい」って川に放り込まれた感じが強い(笑)。気づいたら終わってたみたいな感じですかね。そんな中でも監督とも大輔はこうかな、とかいうことをちょっと話したりもしたんですけど、あーもうええか、流されとかなあかんねやな、という感じはしました。石井さんは生みの親ですから、俺はもう赤ちゃんみたいなものですわ。なんか言うとるわ、みたいな(笑)。でも、そこで漂わさせてもらいました。

『GONIN サーガ』
(C)2015『GONIN サーガ』製作委員会

──演技を超えたものを見た気がしました。

桐谷:本能を出さないとおぼれてしまうというか。みなさん役者魂という言葉を使いますけど、僕らのような健康な体の人が(役作りのために)太ったり痩せたりすることもすごいと思うんですが、根津さんのようにお体を悪くしていてままならない状態でも石井ワールドだったら出たい、ということで姿を見せてくれたその役者魂がすごいな、と思いました。そのエネルギーを根津さんから感じさせてもらって、なんて素晴らしい世界に俺はいられたんだろう、この世界に今いられることがよかった、と感動しました。

(text&photo:秋山恵子)
(東出昌大=ヘアメイク:遠山美和子〈THYMON Inc.〉/スタイリスト:檜垣健太郎〈little friends〉)
(桐谷健太=ヘアメイク:西岡達也〈vitamins〉/スタイリスト:岡井雄介)

東出昌大
東出昌大
ひがしで・まさひろ

1988年2月1日生まれ、埼玉県出身。2006年からモデルとして活躍したのち、『桐島、部活やめるってよ』(12年)で俳優デビュー。2013年にはNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの夫役を演じてブレイクし、翌年に『クローズEXPLODE』で映画初主演。その後も、『GONIN サーガ』(15年)や『デスノート Light up the NEW world』(16年)などの話題作で主演を務める。『聖の青春』(16年)では、第40回日本アカデミー賞優秀助演男優賞をはじめとする数々の賞を受賞した。そのほか、主な出演作は『散歩する侵略者』(17年)や『OVER DRIVE』(18年)、『菊とギロチン』(18年)、『寝ても覚めても』(18年)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(18年)など。

桐谷健太
桐谷健太
きりたに・けんた

1980年2月4日生まれ、大阪府出身。テレビドラマ『九龍で会いましょう』(02年)で俳優デビュー。『ゲロッパ』(03年)、『クローズZERO』(07年)などでの演技で注目され、テレビドラマ『ROOKIES ルーキーズ』(08年)の平塚平役で人気急上昇。以降、『ゲロッパ』でも組んだ井筒和幸監督の『パッチギ!LOVE&PEACE』(07年)、『ソラニン』(10年)、『永遠の0』(15年)、テレビドラマ『天皇の料理番』(15年)などの話題作にて活躍中。