怪盗キッドvs京極真、因縁対決に決着!? 劇場版『名探偵コナン』特報解禁

#名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

(C) 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C) 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C) 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C) 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
(C) 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

原作コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を突破し、世界中で愛される「名探偵コナン」の劇場版第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』特報が解禁となった。

[動画]『名探偵コナン』の高山みなみが主人公の声を担当!映画『ルイスと不思議の時計』予告編

今年4月に公開された劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』は、シリーズ最高興行収入91.8億円を記録。これで第17弾の『絶海の探偵(プライベートアイ)』以降、6作品連続でシリーズ最高記録を更新するという前代未聞の偉業を達成し、今や「社会現象」と呼ぶにふさわしいシリーズにまで成長した。

本作は、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石「ブルーサファイア」を巡って、コナンとその宿命のライバルであり「月下の奇術師」の異名を持つ怪盗キッドが、マリーナベイ・サンズで起きた殺人事件、そして「獅子の国」シンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくというストーリー。

キーパーソンとなるのは前作で日本中の話題をさらった「安室透」に負けず劣らずの人気を誇る怪盗キッド。そして、キッドの最大のライバルである京極真も劇場版初登場となる。

解禁となった特報は、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が噴出される衝撃の映像からはじまる。夕日をバックに傷だらけの怪盗キッドが「今回ばかりは完全にハメられたぜ」と意味深に呟いた後、満月をバックにガラスを蹴破り登場するのは、キッドの因縁の相手であり400戦無敗を誇る最強の空手家・京極真。「月下の奇術師」の異名を持つ怪盗キッドvs「蹴撃の貴公子」の異名を持つ京極の激しいバトルが展開される。シリーズ史上最大のピンチを迎えるキッド。

一方、シンガポールの夜景をバックに、頬を染めあいながらマリーナベイ・サンズのプールで寄り添う新一と蘭。2人の交際が始まってから初めての劇場版で、新たな展開があるのか? そして、シンガポールで行動するために怪盗キッドによって強制的に変装させられたコナンは、蘭に対してとっさに「アーサー・ヒライ」と名乗ってしまう!? 先の読めないシーンが満載の特報となっている。

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』は2019年4月12日より全国東宝系にて公開となる。