劇団EXILE小澤雄太&小野塚勇人、子どもたちに演技レッスン 演技の楽しさ伝える

#小澤雄太

劇団EXILEの小澤雄太
劇団EXILEの小澤雄太
劇団EXILEの小澤雄太
劇団EXILEの小野塚勇人(中央)
演技レッスンの様子
劇団EXILEの小澤雄太
演技レッスンの様子
子どもたちと一緒に。小澤雄太(左端)、小野塚勇人(右端)

劇団EXILEの小澤雄太と小野塚勇人が11月2日、彩の国さいたま芸術劇場の大練習場で開催された「夢を見つける!リアル体験教室」に演技レッスンの講師として登場。小学生を相手に演技指導を行った他、演技に対するこだわりを語った。

小澤雄太と小野塚勇人が講師をつとめた「夢を見つける!リアル体験教室」、その他の写真

同イベントは、埼玉県在住・在学の小学4〜6年生の子どもたちを対象にした職業体験イベントの一環。今回のイベントは2部制で行われ、第1部に19名、第2部に17名の子どもたちが集まった。

小澤と小野塚はこの日、「役者になりたい」をテーマに演技レッスンを実施。子どもたちに交じって台本の読み合わせなどを行い、リラックスした表情を見せた。

質疑応答で、芝居で大切なことを問われた小澤は「自分一人ではなく相手のことを考えてお芝居することが大切」と主張。「どれだけ稽古をしてきたか試される場所でもあり、稽古の努力が報われる場所でもある。だから努力することが大切と信じ、普段から稽古に励んでいる」と持論を展開した。一方、小野塚は「色々な役ができるのも役者の楽しみの1つ。これからの経験が引き出しとなって役者のお仕事につながるから今を楽しんでほしい」と話した。

また、子どもたちに向けて小野塚は「今日をきっかけに演技に興味を持つ子が増え、役者のお仕事が楽しいと思ってくれたら嬉しいです」とコメント。小澤は「みんなで楽しいことをやろうと思うと初めての子とでもチームワークが生まれるから、今日の経験を普段の生活でも活かしてほしいです」とメッセージを送った。