倉科カナ、“変わらないこと”は「感謝の気持ち。どんな些細なことにもありがとうと言う」

#七つの大罪#井上裕介#倉科カナ#劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち#川島明#梶裕貴#雨宮天

七つの大罪
映画『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』公開記念舞台挨拶イベントの様子
七つの大罪
七つの大罪
七つの大罪
七つの大罪
七つの大罪

女優の倉科カナが7月3日、映画『劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』の公開記念舞台挨拶イベントに梶裕貴、雨宮天、倉科カナ、麒麟・川島明、NON STYLE・井上裕介と共に登場した。映画のストーリーにちなんで“変わらないこと”を明かした。

・倉科カナがワイン2本を飲み干し泥酔で撮影 首締め、鼻水垂れ流しもありの壮絶撮影秘話が明らかに!

倉科カナ「喉に良いものをたくさん摂取しました」声の演技にド緊張

本シリーズは、「週刊少年マガジン」で約8年にわたって連載され、単行本は全41巻で完結、累計発行部数は3700万部を突破する大人気コミックが原作。古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された、王国史上最凶最悪の騎士団「七つの大罪」が世界の危機に立ち向かう姿を描くヒロイックファンタジー。『七つの大罪 光に呪われし者たち』は原作者・鈴木央描き下ろしの完全新作オリジナルストーリーが展開される。

ヒロイン・エリザベスの母であり、女神族を総べる“最高神”役・倉科は「これを見たら終わってしまうという寂しさと、最後を見届けたい気持ちが混同して複雑な気持ちでした。ここが見たかった! とかこのキャラクターのこんな表情が! がたくさん詰まった愛があふれている作品です。本当に携われて良かったですし、ぜひ楽しんでいただきたいです」とアピール。

声の演技に関して倉科は「すごい緊張して、前もって喉に良いものをたくさん摂取しました。“もっと人間味を抜いて欲しい”など指示がいろいろあったので、すごい難しかったです」と語った。

また、3000年想い続けるメリオダスとエリザベスにかけて、“変わらないこと”を尋ねられると「感謝の気持ちを忘れないことです。どんな些細なことも“ありがとう”って常に言うようにしています」と回答。

同じ問いに魔神A役の川島は「睡眠時間です。いっぱい寝て、いっぱい食べる方にはかなわないので。いつも21時半頃には寝てるんです。なので、スタッフさんにエナジードリンクとか毛布とか、いろいろ気を使っていただいていますが、私は健康です(笑)!」と宣言した。