横浜流星、今年の漢字は“縁”「来年も人との出会いを大切にしていきたい」

#横浜流星

横浜流星
横浜流星
横浜流星
横浜流星と飯島寛騎
横浜流星
清原果耶
飯島寛騎
成海璃子
財前直見
横浜流星
清原果耶
飯島寛騎
成海璃子
左から清原果耶、横浜流星、飯島寛騎
左から川村泰祐監督、成海璃子、清原果耶、横浜流星、飯島寛騎、財前直見
川村泰祐監督

映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』完成披露舞台挨拶が12月10日に丸の内TOEIで行われ、横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、川村泰祐監督が出席した。

『愛唄 ー約束のナクヒトー』完成披露舞台挨拶、その他の写真

本作は『キセキ ーあの日のソビトー』に続き、GReeeeNの楽曲を題材にした青春映画第2弾。ラブソングである「愛唄」をもとに、突然余命を告げられ自暴自棄になった野宮透(トオル/横浜)、彼を助ける旧友で元バンドマンの坂本龍也(飯島)、そして詩人の少女・伊藤凪(清原)との出会いが起こす奇跡を描く。

主演をつとめた横浜は「役者として『キセキ ーあの日のソビトー』の方々とまたご一緒できることが幸せでしたし、主演として脚本を書かれたGReeeeNさんが伝えたいことをしっかりと僕らが伝えないといけないことにプレッシャーを感じていました。でも、監督やキャスト、スタッフのみなさんに助けれられて撮影を楽しく過ごすことができました」とコメント。演じたトオルに関しては「リアルに演じてしまうとトーンが落ちてしまうので、監督と話し合って落ちすぎないように意識しましたし、みなさんから発信されるお芝居を素直に受け止めて、素直に返すことを意識しました」と振り返った。

ヒロイン・凪を演じた清原は「脚本を読んだときに純粋に感動しました」と作品に深く共感した様子。「凪は詩を書く女の子で、発する言葉の1つひとつに意味がこもってしまうと思ったので、色々な人に与える影響の大きさをしっかりと自覚して、その上で凪にいかに寄り添えるかを気を付けてお芝居をしました」と役作りについて明かした。

また、弾き語りのシーンもあった飯島は、ギターに触れるのも初めてだったそうで、「撮影前の1ヵ月半から2ヵ月で覚えないといけなくて、かつ歌も丁寧にやらないといけないし考えることが多くてシンプルに大変でした」と述懐。

練習で手が傷つきボロボロになるなど身体的な辛さもあったそうだが、飯島は「ああいう頑張った時期があったからこそ、この作品に全力をぶつけられたと思います」と晴れやかな笑みで語ると、清原は「私は(そのシーンに)出演していないですけど、監督の隣でモニターを見させていただいて、撮り終わった後に号泣していました。モニター越しからでも伝わるくらいの熱量を感じたので、すばらしいシーンでした」と飯島の歌唱シーンを振り返った。

イベントでは年末にちなんでそれぞれ今年を表す漢字1文字も記した。飯島は音楽にちなんで「音」、清原は現場で学ぶことが多かったことから「学」と発表。横浜は「縁」と書き、「『キセキ ーあの日のソビトー』の方々とまたこうしてご一緒できたり、監督とも違う作品でご一緒させてもらったり。今年はアーティストデビューもさせてもらって、それも(GReeeeNのプロデューサーである)JINさんがプロデュースということで、たくさの縁を感じて、その縁に感謝したいと思いました。来年も人との出会いを大切にしていきたいと強く思いました」と話していた。

『愛唄 ー約束のナクヒトー』は2019年1月25日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)