性的暴行の和解金27億円で合意のワインスタイン、新たなレイプ行為で告発される

#性的暴行

先週、性的暴力を訴えた30人超の原告と和解金2500万ドル(約27億円)で暫定合意した元映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインが、また性的暴力で訴えられた。告発者の元モデルは、16歳の時に襲われたと主張している。

ワインスタイン、セクハラ隠蔽にスパイまで動員していたことが明らかに

ワインスタインを告発したのはポーランド出身のカヤ・ソコラさん。2002年に渡米しモデルとして活動していた彼女は、所属エージェンシーが関わるパーティでワインスタインに紹介された。

訴状によると、女優を目指していたソコラさんはワインスタインから昼食に誘われ応じたが、迎えにきたワインスタインの運転手はレストランではなくワインスタインのアパートに彼女を連れていった。ソコラさんはそこでワインスタインから性的暴行を受けたという。

ワインスタインは、女優として成功したいなら「監督にやれと言われたら、どんなことでも難なくできなければならない。裸になったりすることもだ」と話し、暴行後に「これは当たり前のことだ」と強調したとソコラさんは訴えている。

現在33歳のソコラさんは、ワインスタインの弟で、兄のハーヴェイと共同でワインスタイン・カンパニーを設立したボブ・ワインスタイン、事件が起きた当時に兄弟が経営していたミラマックス、そして当時の親会社だったディズニーに対しても、ハーヴェイ・ワインスタインを好きにさせていたことについて訴えを起こしている。