『マレフィセント2』先行デジタル配信&MovieNEX発売決定!新たな予告編解禁

#マレフィセント2

(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney
(C) 2019 Disney

アンジェリーナ・ジョリーが『眠れる森の美女』に出てくる邪悪な妖精マレフィセントに扮し、同作に隠された、誰も知らなかった“本当の物語”をドラマティックに描き出した究極の愛の物語『マレフィセント』。その続編となる『マレフィセント2』の先行デジタル配信が早くも2020年1月22日に開始、2月5日にはMovieNEXが発売となることが決定。これを記念し新たな予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『マレフィセント2』新たな予告編

続編の舞台は、マレフィセントが“真実の愛”を見つけてから数年後。永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫(エル・ファニング)とフィリップ王子の結婚は人間と妖精の間に平和をもたらし、世界を幸福に導くはずだった。しかし、その婚礼には、マレフィセントとオーロラ姫の絆を引き裂き、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が隠されていた。迫り来る危機から愛するオーロラ姫を救うために、マレフィセントが背負った驚くべき運命とは?

解禁となった新たな予告編は、結婚を報告するオーロラ姫に対して複雑な思いをのぞかせたり、結婚の顔合わせでディアヴァルに諭され、娘のために全力の愛想笑いを見せたりと、マレフィセントの“オーロラ姫への深い愛情”が垣間見える内容だ。前作に引き続き、美しきヴィランを演じ、製作にも携わったアンジーが、この作品のテーマについて「家族というのは決して“血がつながっているものでないといけない”ということではない」と語る通り、血の繋がりこそないものの、深い絆で結ばれているマレフィセントとオーロラ姫。

だが、マレフィセントや妖精たちのことをよく思っていないフィリップ王子の母イングリス王妃(ミシェル・ファイファー)は「マレフィセントは脅威よ」と言い、秘密裏にある計画を進めていた。はたして、その計画が実行に移され、妖精界に危機に訪れる中、より美しく、より強く変貌を遂げたマレフィセントの反撃が始まる。

MovieNEXには、製作の裏側を解説した「視覚効果の世界」や「翼をもつ妖精」「マレフィセントの起源」をはじめ、未公開シーンやNGシーンなどの豪華ボーナスコンテンツが多数収録されている(デジタル配信(購入)にも一部収録)。また本作は、美しくファンタジックな世界観だけではなく、ダイナミックな映像や演出にもこだわっており、マレフィセントが空を舞う飛翔シーンや疾走感溢れるバトルシーンは見どころの1つ。ボーナスコンテンツでは、その貴重な撮影の舞台裏も楽しむことができるほか、アンジーが風に吹かれ、空中をスピンするアクロバティックな撮影のメイキング映像や、劇場公開時には見られなかった貴重なオフショットなどが満載だ。

『マレフィセント2』は2020年1月22日に先行デジタル配信開始、2月5日にMovieNEX(4200円+税)と4K UHD MovieNEX(6000円+税)が発売となる。