『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が首位デビュー!世界中でも大ヒット

#ゴジラ

(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

5月31日に世界同時公開となった『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、日本でも5月31日〜6月2日の週末3日間で、観客動員64万1773人、興行収入9億1886万100円を記録し、週末の映画動員ランキング(興行通信社調べ)で堂々の首位デビューをはたした。この数字は、興収82.5億円を記録した『シン・ゴジラ』(16年)を含む全てのゴジラシリーズ(※興収発表となった2000年以降)の中で最大の大ヒットスタートで、興収40億円を狙えるオープニング成績となっている。

[動画]カーソルで画面を動かせる!『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』4DX 360°VR動画

また、北米(アメリカ・カナダの4108館)でも、5月31日〜6月2日の3日間で興収4777万6293ドル(約52.5億円/1ドル110円換算/Box Office Mojo調べ)を記録し、初登場1位。海外75の国と地域でも一斉に公開され、北米以外にも、中国、台湾、インド、タイ、マレーシアなどで週末興収ランキング1位を獲得している。

『ゴジラ』は1954年に日本で誕生。これまでに30本以上の映画が製作され、シリーズ累計動員数が日本国内だけで1億人を突破している国民的アイコンだ。2014年に10年ぶりに復活を遂げたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』が全世界でオープニング成績1位を樹立し、日本では興収32億円、全世界興収は530億円という大ヒットを記録している。

そんなシリーズの最新作となる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』は、ハリウッドが製作した超大作。『GODZILLA ゴジラ』に引き続き、芹沢猪四郎博士役として渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガをはじめ、人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』でブレイクし、本作にてスクリーンデビューを飾ったミリー・ボビー・ブラウン、日本でもおなじみの中国人女優チャン・ツィイーら豪華俳優陣が出演している。