吉田鋼太郎、田中圭を絶賛!ひょっとしたら寅さんのようになるかも

#おっさんずラブ

田中圭と吉田鋼太郎
田中圭と吉田鋼太郎
田中圭と吉田鋼太郎
田中圭
左から伊藤修子、金子大地、大塚寧々、沢村一樹、林遣都、田中圭、吉田鋼太郎、志尊淳、内田理央、眞島秀和、児嶋一哉、瑠東東一郎監督

『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』初日舞台挨拶が8月23日にTOHOシネマズ 日比谷で行われ、田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と、瑠東東一郎監督が登壇した。

『劇場版おっさんずラブ』初日舞台挨拶その他の写真

本作は、モテない独身ダメ男である春田創一(田中)が、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵(吉田)と、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)から告白されるという純愛ラブストーリー。2018年4月から全7話の放送が開始されるや「はるたん」こと春田創一を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様に笑いながらも、あまりにもピュアな愛に心を打たれる視聴者が続出し、SNSを中心に話題沸騰となった作品の劇場版だ。

田中は「初日にこんなにたくさん、全国131ヵ所も生中継で、本当にありがとうございます。『おっさんずラブ』という作品を僕たち以上に愛して、応援してくださったみなさんのおかげで、僕たちが映画化のプレゼントをもらったので、ちゃんとお返ししなくてはと思っていました。映画としてパワーアップして、恩返しできる作品になったと誇りに思っています。また、みなさんが大切に、いい感じにしてくれると嬉しい(笑)。感謝しかないです」と挨拶。

「ブチョー!」の声援を照れ臭そうに受け止めた吉田も「ヒロイン・黒澤武蔵を演じたオオシマです」と続けると、すかさず児嶋が「こじまだよ! やり方違うむちゃくちゃ。吉田だよ」と突っ込み会場を沸かせ、林も「みなさんの熱気を受けて、改めてすごい作品に参加していたんだと実感しました」と話した。

劇場版から本作に参戦した沢村は「こんなに公開にドキドキするのは初めて、待ち遠しかった。僕はこの作品で初めて、1人2役。難しかった」と謎の告白を始め、キャストや観客がザワつくのもお構いなしに「気が付かなかった? 狸穴役と、ゆいP役の2役やってたんです。楽しんでいただけましたかね? 思い残すことは何もありません」と、さらにエスカレート。

同じく本作から参戦した志尊は「ちょっと私ごとになるんですが、今年の初めに応援して下さるファンのお父様から『亡くなった娘の生きる糧が志尊くんでした。ありがとうございました』という手紙をいただきました。すごく胸を打たれたときにこのジャスティス役のお話をいただいて、みなさんの愛に触れることができて、この役を通して感じた気持ちを胸に後悔のないよう生きようと思いました。みなさんも少しでも思いを伝えようと思ってくれたら嬉しいです」と、本作への特別な思い入れを口にする。

また、この日は、本作のキャッチコピー「ラブが、とまらない」にちなみ、登壇者それぞれが愛してやまない「●●が、とまらない」を発表することに。事前に記入したパネルが配られる中、林が書いたのは「感謝が、とまらない」で、「本当にファンのみなさまあっての作品で、連続ドラマからここまで応援していただいて、自分の頑張り以上のご褒美を経験させてもらいました。『おっさんずラブ』には感謝してもしきれないです」と感慨深げ。

それを見つめていた吉田は「お世辞でも何でもない」と言いながら「田中圭が、とまらない」と発表。「3年前の単発ドラマから、エゴサーチをしてみたらものすごい数の反響が入り始めていて、そこまでの反響はこれまでなかった。連続ドラマになって社会現象を巻き起こして、いま映画になって、この仕事に携わっているものとして夢のよう。その中心に田中圭がいる。田中圭はひょっとしたら、全国の人に愛された寅さんのようになってくれるんではないかと思っているんです。この映画が何本も続いて、代表作としてずっと演じ続けていってくれたらいいなと。田中圭はとまらない、とまってほしくない!」とアツい言葉を投げかけつつ、「僕もついでにずっと出させてほしい(笑)」と抜け目なさを発揮。

最後となった田中は「おっさんずラブが、とまらない」と鉄板のフレーズを披露し、「みんなもっとボケ倒してくるかと思ってた…。最後は真面目に、と思ってたのに(笑)」と照れつつ、「『劇場版おっさんずラブ』をより大切な作品にしてほしい思いを込めたのと、『おっさんずラブ』の公式の場でこのメンバーが集まれるのはきっと最後ですが、また会えると思える大切な仲間をくれたのも『おっさんずラブ』。『おっさんずラブ』に出会えてよかったと言って下さるたくさんのファンのみなさんにとっても、心が元気になるきっかけとして一緒に育ってくれればといいなと思う。そして、これからも止まらないところまで行けばいいなと願ってこれにしました!」と力を込めていた。