坂口健太郎&吉田鋼太郎、主演映画をエゴサーチ!?

#坂口健太郎

坂口健太郎と吉田鋼太郎
坂口健太郎と吉田鋼太郎
坂口健太郎と吉田鋼太郎
坂口健太郎
吉田鋼太郎
山本舞香
坂口健太郎
佐久間由衣
財前直見
山本舞香
佐藤隆太
野口照夫監督
山本清史監督
佐久間由衣
山本舞香
左から野口照夫監督、佐藤隆太、佐久間由衣、坂口健太郎、吉田鋼太郎、山本舞香、財前直見、山本清史監督

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開記念イベントが6月22日にTOHOシネマズ 日比谷で行われ、W主演をつとめた坂口健太郎と吉田鋼太郎をはじめ、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見、野口照夫監督、山本清史監督が登壇した。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開記念イベント、その他の写真

本作は、ゲーム好きの青年がブログにつづっていた日記を映画化。突然会社を辞めた父(吉田)の本音を知りたい息子(坂口)が、正体を隠してオンラインゲームで父親と共にプレイすることで、交流を図る姿を描いた物語だ。

司会者から、本作がSNSなどで評判が高いことを告げられると、坂口は「僕は自分の名前でも、作品名でも検索するのですが、本当にみなさんが温かい言葉を発信してくださるのを見ているので、すごくうれしい気持ちになります」と笑顔を見せる。

一方、吉田も「僕は1日に5回ぐらいエゴサーチをするんですよ」と告白すると「この作品のドラマ版は、お父さん役を大杉漣さんがやられていましたが、向こうの世界にいかれてしまいました。『吉田鋼太郎はどうなんだ』という意見も見ていたので、正直おびえていたんです」と打ち明ける。しかし、映画が公開されると「鋼太郎さんで良かった」という声が吉田にも届いているというと「ほっとしています」と笑顔を見せていた。

撮影時間が非常にタイトだったという本作。野口監督は「先にクランクインした坂口くんとは結構話をしたのですが、吉田さんはリアルパートでは“静”というイメージがあったので『(芝居を)やらないでください』と言い続けてしまいました。でも、いつかブン殴られるかなと思っていました」と発言すると、吉田は「いやいや、しゃべらない設定だったので、甘んじて受け入れました」と笑顔。続けて「ただ、しゃべらない芝居というのは、あまり経験がないのでつらいですね」と苦労した点を述べていた。