映画『世界で一番しあわせな食堂』フィンランドの癒やし写真解禁!

#フィンランド#世界で一番しあわせな食堂#映画

『世界で一番しあわせな食堂』
(C) Marianna Fil ms
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』
『世界で一番しあわせな食堂』

新作映画『世界で一番しあわせな食堂』(2021月2月19日全国公開)より、3年連続・世界幸福度ランキング第1位である北欧・フィンランドの自然が美しい、癒しの場面写真が解禁された

本作は、フィンランド北部・ラップランド地方の小さな村を舞台に、自分だけの 《おいしい人生》 を見つけ出す、人生に疲れた大人たちのための物語。中国・上海からやって来た料理人チェンが、食堂を経営するフィンランド人女性シルカと出会い、国籍や文化の違いを乗り越え、お互いを家族のように思いやる気持ちが芽生えていく様を朗らかに描く。

監督をつとめるのは、フィンランド映画界を代表するミカ・カウリスマキ。これまで世界各地を飛び回り映画製作を行ってきた監督が母国を舞台に描くのは、異文化との出会いとそこから生まれる喜び。のんびりとした雰囲気をお互いの文化を尊重しあい、全く異なった世界を受け入れようと努力する人々の姿に、分断に揺れる現代社会に対する監督の強いメッセージが込められている。

[ムビコレおすすめ動画配信サービス5選]ドラマ、映画はネットで見る時代。まずは無料でお試し!

今回は、本作の魅力が詰まった場面写真が解禁。料理人のチェンがフィンランドで出会う食堂の女主人シルカに料理を教えるシーンや、ぎこちなくダンスに挑戦するシーン、村人たちと一緒にサウナを楽しむ姿など、のんびりとした幸せを感じられる場面を切り取っている。

また、舞台となったフィンランド・ラップランドはサンタクロースが住んでいる場所としても有名。本作で描く季節は夏であるためサンタクロースは登場しないが、代わりにこの地域でしか見られない、太陽が沈まない美しい白夜が描かれる。

フィンランドの自然が美しい、その他の場面写真はこちら!

監督のミカ・カウリスマキはラップランドについて「私は数十年もの間、ラップランド地方の大ファンで年2回は訪れているよ。ここは手つかずの自然が残っており、まだ人々によって台無しにされていない、とても神秘的な場所。視覚的に美しくエキゾチックなだけでなく、素朴でオープンな場所だからここを舞台に選んだんだ。素朴でオープンな場であるからこそ、人々はゆっくりと自分自身に向き合うことができる」とコメントしている。

『世界で一番しあわせな食堂』は2021月2月19日より全国公開。

INTERVIEW