現代の木こりの稼ぎは30年前から激減…それでも山と生きる様に密着『木樵』ポスター解禁

#木樵#ドキュメンタリー#宮崎政記

木樵
『木樵』ポスタービジュアル
(C)2021「木樵」製作委員会
木樵
近藤正臣

ドキュメンタリー映画『木樵』のポスタービジュアルが完成し、本編のナレーションを担当した近藤正臣からコメントが到着した。

・世間に衝撃与えた池袋暴走母子死亡事故、遺族と上級国民の壮絶な3年間に迫る『池袋母子死亡事故「約束」から3年』

近藤正臣「わかりやすくタイトルを『与作』にしちゃったら?(笑)」

木樵の稼ぎは木を伐採した量で決まるが、30年前から比べると1/4程度にしかならない。本作は、そんな現代の木樵である林業に焦点をあてたドキュメンタリー。岐阜県下呂市の木樵の父の背中を見て育った本作の監督である宮崎政記が、一旦は林業不況の中、父の跡を継ぐことを断念し30年後、再び山と生きる木樵たちと再会し彼らの生き様を映像に残すべく密着した渾身の一作だ。

公開されたポスタービジュアルは、空に向けて高く伸びる木に、木樵が張り付き作業している写真の横に手書きの大きなタイトル「木樵」という文字が配置されている。

ナレーションを担当した近藤正臣は「木樵の日常、山の中で生きている人の姿を通して、私たちがこれまで見逃してきた『豊かさ』を再確認してくれる、人間的あたたかさを感じる映画。自分も(岐阜県)郡上市に住み、自然の“恵み”を感じている。最近、若い人は山に入らなくなっている。この映画を通して、命を生かす『木樵』の存在を意識しながら、もっと山に入ってほしい。監督が『木樵は、山の護り人、山の存在の重要性、存在を考えてもらう大事なところですから』と強く言われたときは、思わず、身体に力が入ってしまいました。これからは、地球温暖化防止にもつながる持続可能な林業へ、日本の木材を最大限有効活用していく活動につながってほしいと願います。当初、『木樵』の字が読めなくて?何だろう?と、思いました。『木こり』は、『杣人(そまびと)』とも言われるようですが、わかりやすくタイトルを『与作』にしちゃったら?(笑)」とコメントを寄せている。

『木樵』は

INTERVIEW