キアヌ・リーヴス、きゃりーぱみゅぱみゅと一緒に忍者ポーズ!

#キアヌ・リーヴス

忍者ポーズを決めるきゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーヴス
忍者ポーズを決めるきゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーヴス
忍者ポーズを決めるきゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーヴス
キアヌ・リーヴス
きゃりーぱみゅぱみゅ
キアヌ・リーヴス
チャド・スタエルスキ監督
きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーヴス
きゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーヴス
キアヌ・リーヴス
左からきゃりーぱみゅぱみゅ、キアヌ・リーヴス、チャド・スタエルスキ監督
左からきゃりーぱみゅぱみゅ、キアヌ・リーヴス、チャド・スタエルスキ監督
キアヌ・リーヴス
きゃりーぱみゅぱみゅ
キアヌ・リーヴス

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』ジャパンプレミアが9月10日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キアヌ・リーヴス、チャド・スタエルスキ監督、きゃりーぱみゅぱみゅが出席した。

『ジョン・ウィック:パラベラム』ジャパンプレミア、その他の写真

本作は、キアヌ・リーヴス扮する殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を描くシリーズ第3弾。裏社会の聖域コンチネンタル・ホテルで不殺の掟を破り追われる身となったジョンが、ニンジャ軍団ら様々な刺客と繰り広げる死闘を描く。

この日、リーヴスとスタエルスキ監督は客席間の通路を通って入場するサプライズで観客を沸かせ、ステージに登壇するや「ハロー! トウキョウ! ようこそ。来てくださって、ありがとうございます」とリーヴスが挨拶。スタエルスキ監督も「お越しいただいてありがとうございます」とファンの声援に応えた。

その後、きゃりーが忍者をイメージした衣装で花束を持って登場し、一足早く鑑賞したという本作に「スリルなアクションもとてもかっこ良かったですけど、今回は日本をモチーフにしている部分がたくさん出てくるので、そこも注目して見て欲しいと思います」とアピール。

きゃりーの楽曲「にんじゃりばんばん」は劇中歌として起用されており、リーヴスは「作品も拝見させていただきましたが、興味深いです。エンタメでありながら哲学もハートが籠っているように感じました」とコメント。様々な楽曲の中から同楽曲を見つけたというスタエルスキ監督は「(ニンジャの殺し屋を演じた)マーク・ダカスコスのキャラクターにぴったりの曲だなと思いました。曲を入れて編集して見た時に、完璧だ、魔法だってみんなで言っていました」と絶賛した。

また、本作は日本に影響を受けた部分もあるといい、スタエルスキ監督は「キアヌも僕も黒澤明監督の映画が大好きで、侍映画やチャンバラ映画、日本の漫画やアニメも大好きです。武士道や色々な武道・武術にも感銘を受けていて、日本の文化の恥じらいというものにとても興味があり、今回のテーマに使わせていただきました」と説明。

リーヴスも「チャドが今言った通りですけど、僕たちがそうやって受けた素晴らしい影響や情熱を、逆に作品としてみなさまにお返しできるのがとても嬉しいです」と思いを語った。

イベントの最後には映画にちなんで忍者も登場。忍者と共にリーヴスも大ヒットを祈願して印を結ぶポーズを披露し、観客を沸かせていた。

『ジョン・ウィック:パラベラム』は10月4日より全国公開となる。
(text&photo:中村好伸)