ナタリー・ポートマンが奇抜メイク&衣装でパフォーマンス!映画『ポップスター』特報解禁

#ナタリー・ポートマン

(C) 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC
(C) 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

ナタリー・ポートマンが『ブラック・スワン』を彷彿とさせる演技で、キャリアをかけて挑む渾身作『VOX LUX(原題)』が、邦題を『ポップスター』とし、4月3日よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開されることが決定。ポスタービジュアルと特報映像が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ポップスター』特報はこちら

本作の主人公セレステを演じるのは、子役時代に『レオン』(95年)で大ブレイク、『ブラック・スワン』(11年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。ハリウッドのトップ女優である彼女が今作で挑むのは、銃乱射事件の生存者として追悼式で歌を披露したことをきっかけに、新進スターへと上り詰める女性シンガー。一躍スターとなった彼女だが、度重なるスキャンダルで人気は失墜、再起をかけたステージに臨む。

セレステの才能を買い、彼女をトップスターへと導く敏腕プロデューサー役には、ベテラン演技派俳優のジュード・ロウ。幼少期のセレステと、セレステの娘の2役にラフィー・キャシディ。『トゥモローランド』(15年)など話題作に多数出演し、キャリアを広げる17歳の彼女は、その繊細な演技で2人の異なる人物を見事に演じ分けた。

セレステの姉エレノアには、『ゲティ家の身代金』(18年)や、『グッバイ・ゴダール!』(18年)のステイシー・マーティン。劇中ナレーションにはウィレム・デフォーも参加。さらに、主題歌・劇中歌を担当するのは、世界的アーティストのSia(シーア)。ポートマン出演のクリスチャン・ディオールの香水ブランド「ミス・ディオール」CMに、大ヒット曲「Chandelier」が起用されたことも記憶に新しい。

監督・脚本は『シークレット・オブ・モンスター』(16年)で鮮烈なデビューを飾った若手気鋭のブラディ・コーベット。『ブラック・スワン』でバレエの振付けを担当し、その後ポートマンの夫となったバンジャマン・ミルピエが、本作でも振付けとして参加している。出演するポートマンとロウに加えて、Siaもエグゼクティブプロデューサーとして名を連ねており、ポップスターの壮絶な生き様に各国の映画祭では絶賛の声が上がっている。

解禁となった特報映像では、セレステ役に扮したポートマンが、ギラギラ輝く奇抜なメイクと衣装に身を包み、ステージで力強いパフォーマンスを披露。本物のディーバのごとき圧倒的な存在感を放っている。スターとして人目に晒される窮屈な生活に疲れて怒鳴る様子や、姉エレノアの前で涙する姿も見られ、スターの強いイメージを保ちながらも、同時に危うさや脆さを感じさせる、ポートマンの熱演が光る。「炎上も賞賛も、私の居場所(ステージ)」という言葉にあるように、過去を全て呑みこみ、華やかなパフォーマンスで人々を魅了するポップスター。その裏に隠された彼女の壮絶な人生とは?