坂口健太郎×永野芽郁!病院脱出ミステリー『仮面病棟』主題歌入り予告編解禁

#坂口健太郎

(C) 2020 映画「仮面病棟」製作委員会
(C) 2020 映画「仮面病棟」製作委員会

坂口健太郎主演、永野芽郁共演で贈る病院脱出ミステリー映画『仮面病棟』の主題歌入り予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

解禁となった『仮面病棟』予告編

本作は、現役医師・知念実希人が描く傑作ベストセラー小説「仮面病棟」の映画化。ある日突然、病院がピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠される。院内に監禁されたのは、一夜限りの当直医の速水(坂口健太郎)と凶悪犯に撃たれケガを負った女子大生の瞳(永野芽郁)。鉄格子で閉ざされ、危険な密室と化した病院から脱出を試みる2人が、病院の不可解な異変(入院記録のない患者、通報しない病院スタッフ、あるはずのない病室)に次々と遭遇する。

解禁となった予告編は、「あなただけなんです。あの病院で起きたことを目撃したのはね」という衝撃の展開を予感させる取調室のシーンから幕を開ける。次いで「その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された」というナレーションと共に、ピエロの仮面をかぶった何者かが病院にやってきて銃を構えるシーンが映し出される。

「閉じ込められた一夜限りの当直医とケガをした女子大生」「逃げる先に待ち受けるいくつもの謎」。そんなナレーションに続いて明かされるのは、「入院記録のない患者」「警察に通報しない病院スタッフ」「あるはずのない病室」というこの病院に隠された謎の1つひとつ。瞳が「あいつだけじゃない」と言えば、速水も「この病院には何かある」と確信を得たかのようにつぶやく。いったい、何が?

また、予告編後半では「予想もし得ない国家の陰謀」「すべての謎を解くまでは、この病院からは逃げられない」とナレーションが入り、謎の全貌を匂わすシーンも。最後はピエロに銃口を突き付けられる瞳と、鉄格子越しに叫ぶ速水という、思わせぶりな展開で締めくくられる。

さらに、この予告編で、疾走感たっぷりに2人を謎の迷宮へと誘う、UVERworldが書き下ろした主題歌「AS ONE」もお披露目。楽曲についてボーカルのTAKUYA∞は「“AS ONE”は陰と陽、正義と悪も生じるところは全て同じ、表裏一体であることを表現している。映画の世界観にある疾走感を混ぜたかった」と話している。

同時に解禁となったポスタービジュアルでは、こちらを見据える2人の間に怪しく佇むピエロに加え、数々の“謎”が散りばめられている。次々と遭遇する不可解な謎と、ピエロの仮面の凶悪犯の犯行目的とは? 速水と瞳は無事に脱出できるのか?

『仮面病棟』は3月6日より全国公開となる。