西野七瀬「サンタさんを見たくて」とクリスマスの思い出を振り返る

#西野七瀬

西野七瀬
西野七瀬
西野七瀬
左から花澤香菜、小籔千豊、西野七瀬
西野七瀬
左から小籔千豊、花澤香菜、西野七瀬
西野七瀬
西野七瀬
西野七瀬
花澤香菜
小籔千豊
近藤雄介
小見川千明
大森日雅
原奈津子
イベントの様子

元乃木坂46の西野七瀬が声優初挑戦した主演作『コルボッコロ』、そしてお笑い芸人・小籔千豊がゲスト声優をつとめた『サンタ・カンパニー 〜クリスマスの秘密〜』の公開記念舞台挨拶が、12月6日にシネマート新宿で行われた。壇上には、西野と小藪のほかにも声優の花澤香菜、茅原実里、近藤雄介、大森日雅、原奈津子、小見川千明。そして糸曽賢志監督も登壇した。

映画『サンタ・カンパニー 〜クリスマスの秘密〜』&『コルボッコロ』公開記念舞台挨拶、その他の写真

冒頭の挨拶で小籔は「演技が下手な僕でいいんですかと思いながら引き受けさせてもらったのですが、本当に難しくてドラマやモデルのほうが楽でした(笑)。怒られはしなかったのですが、何回もやり直しをさせられて、もうひとつだなぁという顔をされたのがトラウマになりました」といった声優デビューの感想やアフレコ現場での苦労話を時間を使って吐露した。

すると続く西野が「『コルボッコロ』の主役を演じさせていただいた西野七瀬です、ぐらいしか考えていなかったんですが、小籔さんがめちゃくちゃ喋ってたのでどうしようと思って」と苦笑い。これを聞いた小籔が「すみません。声優で足りない部分をコメントで取り戻そうと思いまして」と謝罪すると会場からは大きな笑いが起こっていた。

小籔と同様に初の声優デビューとなった西野は、キャラクターを演じた感想を聞かれると「鈴ちゃんは、明るい女の子で声も高めで演じていたんですが、やっているうちに声が無意識に下がってしまって、監督からはたびたび『低くなりましたね』と言われることが多かったです」とコメント。「ずっと立ちっぱなしでひざが痛くなって、声優さんって本当にすごいなと思いました」とアフレコ現場の苦労話を披露。「(役をもらったときには)不安のほうが多かったんですが、監督から普段のしゃべっている声がいいと言われてうれしかったです」と素直な感想を話していた。

続けて、クリスマスの思い出を聞かれると「子どものころはサンタさんが見たくて、遅くまで起きていようと挑戦していたんですがいつもダメでした。でもお兄ちゃんが『俺は見たよ、来てたよサンタ!』と自慢していたので『マジでどんなんやった?』と聞いていたという思い出があります」と笑顔で振り返ると、客席からも笑いが起こっていた。