『ジョーカー』ホアキン・フェニックス史上最狂の問題作、再リリース決定!

#ホアキン・フェニックス

(C)2010 Flemmy Productions, LLC
(C)2010 Flemmy Productions, LLC
(C)2010 Flemmy Productions, LLC
(C)2010 Flemmy Productions, LLC
(C)2010 Flemmy Productions, LLC
(C)2010 Flemmy Productions, LLC

『ジョーカー』の演技で注目を浴びている米俳優ホアキン・フェニックス主演のフェイク・ドキュメンタリー『容疑者、ホアキン・フェニックス』(10年)が、2020年1月17日に緊急再リリースされることが判明した。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』、その他の写真

本作は、ホアキンが自身の私財数億円と、2年間の仕事を放棄して作り上げた衝撃の問題作。俳優を引退し、突如ラッパー転向を宣言してドラッグや買春などに走るホアキンの姿を描く。

当時、ホアキンのあまりに荒んだ状況にファンの同情を買うも、映画完成後、ホアキンが全てはケイシー・アフレック監督と仕掛けた壮大なウソであると公表。世間をだますための実験だったと説明するとファンの怒りを買い、映画は鳴かず飛ばず。日本でも2012年に限定上映されたが成功を収めることなく、数年前に配給権が消失。DVDも絶版状態になっていた。

しかし今回、『ジョーカー』が世界中で大ヒットして主演のホアキンへの注目が急上昇。多くのファンや報道関係者から『容疑者、ホアキン・フェニックス』への問い合わせが殺到し、日本の配給元が急きょ権利元と再契約交渉を行い、DVDの再発売を決定した。VODでも2020年1月1日より各プラットフォームで順次配信が始まる運びとなった。

全米中をだましたホアキンの渾身の演技と、一世一代のイタズラの一部始終に注目だ。

『容疑者、ホアキン・フェニックス』は2020年1月17日より再発売となる。