夏帆、監督からの心のこもったサプライズ手紙に感涙!

#夏帆

感涙する夏帆
感涙する夏帆
感涙する夏帆
箱田優子監督と夏帆
箱田優子監督と夏帆
箱田優子監督
左から箱田優子監督、夏帆、黒田大輔
左から箱田優子監督、夏帆、黒田大輔
夏帆
黒田大輔

夏帆が10月16日にテアトル新宿で行われた主演映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の公開記念舞台挨拶に、共演の黒田大輔、箱田優子監督とともに登壇。箱田監督からのサプライズ手紙に感涙する場面が見られた。

夏帆らが登壇!『ブルーアワーにぶっ飛ばす』公開記念舞台挨拶、その他の写真

10月11日に公開を迎えた本作。この日の舞台挨拶は翌12日に予定されていたものの、台風19号の影響で映画館自体が休館となったことを受け、その代わりに緊急開催されたもの。本作で夏帆は、30歳のCMディレクターで、一見結婚生活も仕事も好調だが、口を開けば毒づいてばかりで、心がすさみきっている主人公の砂田役を演じている。

夏帆とともにブルーアワーTシャツ姿で登壇した箱田監督は、客席を見渡しながら「この風景が見たくて作った映画です。私自身も映画を見に通い続けたテアトル新宿で、『こういう映画が見たい!』と思って作った脚本で、こんなに素晴らしいキャスト、スタッフと作り上げた映画で……感慨深くて今、震えています」と声を震わせながら熱い思いを吐露。

夏帆も「10代からこの仕事をしてきて、あの時、このタイミングでこの役と出会えたことは、私のキャリアにおいても意味のあることだなと感じています。頑張っていればこういう役と出会えるんだなと。箱田さんにとって初の長編監督作という大事な1本目に呼んでいただいて、こうやって今、この場に立てるのが嬉しいですし、箱田さん自身を投影した砂田という役を私にオファーしていただき、演じることができて、本当に自分にとって思い入れの強い作品になりました」と語った。

また、ソウルでのドラマ撮影のため、残念ながら出席できなかった共演のシム・ウンギョンからもメッセージが到着。「私は今、体は離れていますが、心は劇場にいます。この作品に出てくる砂田とキヨのように!」という言葉に箱田監督も夏帆もニッコリとうなずく。そして、夏帆と監督に向けた「いつも一緒な気がするのに、今日一緒じゃないのが不思議です。この作品を通して、私は正直に生きてていいんだ、大丈夫なんだ、という大きなメッセージをいただきました。ありがとうございます。また会いましょう!」というメッセージが読み上げられると、夏帆は「砂田にとって(ウンギョンが演じた)キヨという存在は心のよりどころのような存在ですが、私にとってウンギョンちゃんの存在が心のよりどころでした」と振り返った。

さらにこの日は、夏帆へのサプライズで箱田監督がしたためてきた手紙が読まれることに。「夏帆ちゃんの人生くれないか?」と書いた手紙を送ったという最初の出会いから、クランクイン前の準備期間、撮影中の思い出まで、この1年半の“共闘”への感謝を綴った内容に、読んでいる箱田監督も、聞いている夏帆も涙を流す。

手紙を受け取った夏帆は、箱田監督と壇上で熱い抱擁を交わし、声を詰まらせつつ「いろんなことを思い出しました。撮影前から撮影中、今もお付き合いさせていただいていますが、本当に箱田さんとの出会いは、私にとって大事な出会いになりました。これからもお付き合いさせていただければと思います。1本目の公開おめでとうございます!」と口にし、会場は温かい感動の拍手に包まれていた。