永野芽郁、山崎賢人演じるユウと新田真剣佑扮するハルのどっちを選ぶと聞かれ…

#二ノ国

左から永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑
左から永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑
左から永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑
前列左から日野晃博、永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑、百瀬義行監督。後列左から梶裕貴、津田健次郎、宮野真守、坂本真綾

映画『二ノ国』公開記念舞台挨拶が8月24日に新宿ピカデリーで行われ、主人公ユウの声を演じた山崎賢人をはじめ、ユウの親友ハルを演じた新田真剣佑、2人の幼なじみのコトナと二ノ国のエスタバニア王国のアーシャ姫の2役を演じた永野芽郁。さらに、声優ドリームチームの宮野真守(ヨキ役)、津田健次郎(ガバラス役)、坂本真綾(サキ/ヴェルサ役)、梶裕貴(ダンパ役)と、百瀬義行監督、製作総指揮&原案・脚本をつとめた日野晃博が登壇した。

『二ノ国』公開記念舞台挨拶、その他の写真

今回、初めてアニメーションの吹替えにチャレンジした山崎、新田、永野の3人。アフレコについて聞かれると、山崎は「普段は体と声と顔と動きを使って演技しているので、(声だけというのは)すごく難しくて、本当にプロフェッショナルな仕事だと思って。うまくやろうとしてみたんですけど、できなくて。それで、梶さんに相談したら、感情が大事だというアドバイスをいただき、命を吹き込めたらいいなという思いで一生懸命頑張りました」と回答。

同じ質問に真剣佑は「僕も普段、体と顔でしか芝居をしていないので、声だけという難しい挑戦をさせていただいて。初日は(山崎)賢人と一緒にアフレコをさせてもらったんですけど、役もつかめなくて難しかったのですが、その日の最後には少し役にもなじめてきて、(その日の)前半に録ったシーンに戻って、アフレコし直したりさせていただきました」とコメント。永野は「お芝居をしたり、誰かになりきることは普段やっているのに、表現方法が違うとこんなにも難しいんだと改めて思いました」と話した。

またこの日は、本作が、主人公のユウとハル、そしてコトナと二ノ国のエスタバニア王国の姫君アーシャを巡る淡いラブストーリーでもあることに因み、天真爛漫で憎めない性格のコトナと、心優しく真っ直ぐで芯が強いアーシャ姫のどちらを選ぶか?という質問が男性陣に向けられた。

アーシャ姫派として手を挙げた山崎は「僕は姫が好きです」とシンプルに答えると、「姫って出会うことがないじゃないですか? やっぱり会ってみたいですね、姫という位の高い人に」と続け、笑いを誘う。これに対して、コトナ派として手を挙げた新田は「ハルを演じさせていただいたので、コトナはハルの恋人なんです」と答える。

一方、心優しい秀才のユウ(山崎)と、活発で負けん気の強いハル(新田)だったら、どっちを選ぶと聞かれた永野は、新田に「コトナはハルの恋人なんです」と答えてもらったにも関わらず「どっちもイケますけど」と笑うと、「でも、ユウの方がいいかなと思います」と回答。ハルを演じた新田には「ごめんね」と謝っていた。