宮沢りえ、蜷川実花監督との初タッグ「絶対にガッカリさせたくなかった」

#宮沢りえ

宮沢りえ
宮沢りえ
宮沢りえ
宮沢りえと蜷川実花監督
蜷川実花監督

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』舞台挨拶が9月23日に新宿ピカデリーで行われ、宮沢りえ、蜷川実花監督が登壇した。

宮沢りえ初登壇!『人間失格 太宰治と3人の女たち』舞台挨拶、その他の写真

本作は、天才作家・太宰治のスキャンダラスな愛と人生を、『ヘルタースケルター』などの蜷川監督が映画化。太宰を小栗旬、正妻・津島美知子を宮沢りえ、愛人で弟子の太田静子を沢尻エリカ、愛人で最後の女・山崎富栄を二階堂ふみが演じている話題作だ。

本作の舞台挨拶には、これが初参加となった宮沢は「公開初日から蜷川監督のインスタグラムをマメにチェックして、みなさんの感想を読んだりしていました」と話すと、蜷川監督は「この舞台挨拶も、りえちゃんの発案で決まったもの」と開催経緯を説明。

その蜷川監督とは、監督の父であり演出家だった、故・蜷川幸雄さんを通じて元々知り合いだったという宮沢だが、タッグを組むのはこれが初めて。「台本を読んだときにハードルの高い場面だと思ったシーンがあります。でも、蜷川監督はサラッと『やってみよう』という感じで。とてつもなく高いハードルを軽々と超えようとするパワーが私たちの背中を押してくれた。子役とのライブ感ある現場も刺激的だったし、雰囲気も素敵でした」と振り返った。

宮沢の出演は蜷川監督自らのラブコールで実現したものだが、宮沢は「蜷川監督からは『いつか何かをやりましょう』と言われていたので楽しみにしていました。作品が決まったときは嬉しい気持ちの反面、今まで温めてきた関係を大切にしたいからこそ、絶対にガッカリさせたくないという思いが強かった」と心境を吐露。それは蜷川監督も同じだったようで「中途半端な役でお願いをしたくはないし、出演してもらえるならば絶対に成功させなければという思いがありました」と話すと、「近いうちに主演としてご一緒できたらというのが今も頭の片隅にある」と続け、宮沢は「今、言った作品が形になったら、絶対に見に来てくださいね!」と茶目っ気たっぷりに客席に呼びかけていた。

また、宮沢は太宰治を演じた小栗旬について「美知子に『壊しなさい』と言われた後の太宰さんの顔は、今まで見たことのない小栗旬さんで、一番好きな表情でした。自分が褒められるよりも、相手役の表情が素敵だったのが嬉しい。それが一番の喜び」と語ると、蜷川監督は「それはりえちゃんに引き出された顔です。もはや芝居を超えていました。小栗旬さんは、その頃には太宰に成り切っていて、本物の瞬間が何度もあった」と宮沢のおかげであることを称えていた。