『POV〜呪われたフィルム〜』川口春奈インタビュー

実はホラー好き!? 注目の若手女優が語るホラー映画の撮影秘話

#川口春奈

ホラー好きの方が見たらきっと「いいじゃん!」って思ってもらえる

『リング0 〜バースデイ〜』や『ほんとにあった怖い話』シリーズなどで知られるジャパニーズホラーの巨匠・鶴田法男監督。彼が手がける最新作『POV〜呪われたフィルム〜』は、虚構と現実の境界線が曖昧となり、圧倒的な恐怖が見る者に襲いかかるホラー映画だ。

この映画で、事務所の先輩・志田未来と共にW主演。自分自身という役を演じた川口春奈に、ホラー映画に初挑戦した感想から撮影現場の裏話などを語ってもらった。

──完成作を拝見しました。正直、怖すぎてまともに見てられなかったんですけど、川口さんが最初に見たときの感想をお聞かせください。

川口:すごく臨場感や迫力があって、見ていて、とっても楽しかったです。

──楽しかったんですか!? 「キャー!」という感じでなくて?

川口:音が突然、大きくなったりするのでビックリはしましたけど、自分では先がどうなるのかも知っていたので、そこまでは怖く感じなかったんです。でも、ホラー好きの方が見たらきっと「いいじゃん!」って思ってもらえると思います。

──もともと、ホラー映画はお好きだったのでしょうか?

川口:好きです! 小さいときからお姉ちゃんがホラー映画好きだったので、一緒に見たりしていました。

──では、一緒に見ながら好きになっていった感じでしょうか?

川口:そうですね。ただ、ビビリなので、好きといっても1人じゃ見られなくて、目を両手で隠しながら見たり、一緒に見ている人にくっついたりしています(笑)。

監督に変な現象とか起きないんですかと聞いたら「メッチャ起きる」と言われた
──最初にこの映画の話を聞いたときはどんな印象でした?

川口:本人役ということもあったので、最初に志田さんと私とで監督にお会いしたんです。監督からは「何でホラーが好きなのか」とか、いろいろと聞かれました。そしたら、それがそのまま台本に書かれていて、面白くなるなと思いました。

──本人役を演じるのって、どんな気持ちでしょう?

川口:自分でも不思議な感じはしました。演技としては、あまり役を作り込まないで、いつも通り“素”の感じでやっています。

川口春奈

──劇中では志田さんと仲が良いという設定ですが、プライベートでも志田さんとは仲良しですか?

川口:事務所の先輩なので事務所でもお会いしますし、以前、会社のスタッフさんたちも一緒にディズニーランドに行ったこともあります。劇中同様、プライベートでも、私の方がテンションがちょっと高めで、志田さんはお姉さんな感じで落ち着いていて、そこもリアルに反映されていると思います。

──ホラー映画では撮影中に何か起こるのが定番です。今回はどうでした?

川口:今回もありました(笑)。ホラー映画は初めてなんですけど、私も現場で何か起こったりするのかが気になって、事前に監督にそういう変な現象とか起きないんですかって聞いたら、「メッチャ起きるよ」って言われて。実際には現場で、スタンバイ中の照明の電源が落ちたり、編集のときもトイレのシーンで勝手に映像が止まったりしたそうで、怖いなって思いました。

──舞台になっている学校やトイレは、いかにも怖そうでしたが?

川口:夜になると本当に真っ暗で、やっぱり怖かったですね。使用できるトイレが、外にある体育館のトイレで、そこまで長い廊下を歩かなければいけなかったんですけど、結構怖くて。誰かを誘って行っていました。

プレッシャーもあったけど、答えたい、頑張りたいという気持ちもすごくあった
──監督から言われたことで印象的だったことはありますか?

川口:最初にお会いしたときに、監督から「2人にかかっているから」と言ってもらったんです。監督が脚本を完成させたのが3月11日だったそうで、この映画で少しでも元気づけたいし、自分にとっても大切な作品だから、2人には最大限の力を出してもらいたいと言われたのが印象に残っています。

川口春奈

──そう言われてプレッシャーは?

川口:もちろんありました。でも、それだけ期待をしてもらっているのなら、答えたい、頑張りたいという気持ちもすごくありました。

──今後、どんな女優になっていきたいと思っています?

川口:たくさんの顔を演じられる女優になりたいです。

──オンとオフの切り替え方法があれば教えてください。

川口:カラオケです! よく歌うのは中島美嘉さんですね。

──マイブームはありますか?

川口:全国高校サッカー選手権大会の応援マネージャーをやらせてもらったこともあって、サッカー観戦にはまっています。

(text&photo=編集部)

川口春奈
川口春奈
かわぐち・はるな

1995年2月10日生まれ、長崎県出身。07年、雑誌「ニコラ」のモデルとしてデビュー。TVドラマ「東京DOGS」(09年で)女優デビューを飾ると、「初恋クロニクル」(10年)でドラマ初主演。『桜蘭高校ホスト部』(11年)の劇場版(12年)にて、映画でも初主演を果たす。主な出演作に、『絶叫学級』(13年)、『好きっていいなよ。』(14年)、『幕末高校生』(14年)、『クリーピー 偽りの隣人』(16年)、『にがくてあまい』(16年)、『一週間フレンズ』(17年)などがある。

川口春奈
POV〜呪われたフィルム〜
2012年2月18日よりTOHOシネマズ 渋谷ほかにて全国公開
[監督・脚本]鶴田法男
[出演]志田未来、川口春奈
[DATA]2012年/日本/東宝映像事業部/92分
(C) 2012「POV〜呪われたフィルム〜」製作委員会