僧侶枠アニメ『巨人族の花嫁』が7月より放送、体格差に萌える

#BL

「巨人族の花嫁」
「巨人族の花嫁」

人気BLコミックをアニメシリーズ化した『巨人族の花嫁』が、7月5日からTOKYO MXで放送開始となる。このたび、メインビジュアルやキャラクター設定画などが情報解禁となった。

BLファンも驚き! 神作家の傑作BL映画化に感動の声

「巨人族の花嫁」はITKZ原作による異世界もののBLコミック。身長180cmのバスケ部の男子高校生・水樹晃一は、ある日突然異世界へ召喚されてしまう。そこはなんと、晃一よりはるかに大きな種族が住む巨人の国で、晃一はこの国では華奢で小柄な存在だった。国の第一王子のカイウスが晃一の前に現れて、熱っぽく見つめて「我が花嫁となり、私の子を産んでほしい」とプロポーズされてしまう!

獣人も出てくる世界観に異世界ファンタジー好きならワクワクすること間違いない。身長250cmの巨人族の王子と主人公の晃一には体格差萌え! 通常なら180cmもあれば高身長のバスケ部部長が、か弱い花嫁と扱われているのもかわいい。そしてカイウス王子は巨人族だから身長はもちろん、ナニからナニまで大きいわけで…!それでも晃一にはとても優しく紳士的なスパダリなところにもまた萌える!

気になる声優はカイウス・ラオ・ビステイル役はBL作品の出演も多い人気声優の小野友樹、水樹晃一役は「ヒプマイ」こと「ヒプノシスマイク」などで人気急上昇中の伊藤健人が担当。カイウスの元婚約者であるメディナ・ナル・ローザス役は藤本教子が演じる。

また、TOKYO MXのオンエア版はショートアニメとなっており、「Comic Festaアニメ」ではプレミアム版を配信! そう、このアニメはいわゆる「僧侶枠」で、ピンと来る人はピンと来るはず。オンエア版は短くて地上波に堪えうる内容だけど、プレミアム版では過激シーンも描かれるのだ!

エロもしっかり描かれた原作がどのようにアニメ化されるか楽しみ! かと言ってエロだけでなくストーリーも面白いから、できればプレミアム版でどちらもたっぷり堪能したい。(文:矢野絢子/ライター)