鈴木伸之、齊藤なぎさにツッコミ「ウソついたってこと?」

鈴木伸之
鈴木伸之
鈴木伸之
齊藤なぎさ
市原隼人
松田るか
平田薫
向井宗敏監督
 BENI

鈴木伸之、齊藤なぎさ、市原隼人らが10月25日にユナイテッド・シネマ豊洲にて行われた、映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』の公開記念舞台挨拶に登壇。撮影中のエピソードや作品に込めた思い、主題歌の制作秘話などを披露した。

鈴木伸之、齊藤なぎさ、市原隼人らが登壇した舞台挨拶の写真

本作は春夏秋冬4つの物語をテーマにしたオムニバス映画。この日は『桜咲く頃に君と』主演の市原隼人、共演の平田薫、主題歌を歌うハジ→、『ナツヨゾラ』主演の齊藤なぎさ(=LOVE)、『時々もみじ色』主演の鈴木伸之、共演の松田るか、そして向井宗敏監督が登壇した。福岡県・芦屋町全面協力のもと撮影され、小道具・大道具作りから炊き出し、エキストラ出演など、多くの町民がボランティアとして参加しており、初めに市原は「この作品は全編芦屋町で撮りたいという企画から始まり、町の皆さんのご支援とご協力がなければ成り立ちませんでした。ぜひ本作を見て、風景や空気感、そして芦屋町も身近に感じて欲しいです」と改めて町民への感謝を述べた。

市原は主演した『桜咲く頃に君と』について、「車いすソフトボールをしている友人がきっかけで監督と出会い、そのご縁で台本も何も見ずに”やらせてください!”とお願いした」と出演の経緯を語り、ヒロインをつとめた平田は「切なくて苦しくも、優しさとか愛とか思いやりがつまっている作品。普段当たり前に感じることも奇跡なんだ、感謝しなくてはといったことを改めて感じるきっかけになれると嬉しい」と語った。本作の主題歌「春夏秋冬」をハジ→が生披露し、会場からは手拍子が沸き起こった。

『ナツヨゾラ』の齊藤は、MCからネタバレなしで!と忠告を受けながら、注目してほしいポイントについて聞かれると「撮影が夏の夜だったんですけど、めちゃくちゃ寒くて……。夜中にノースリーブみたいな格好で涙を流しながら、(共演した宮世)琉弥くんと震えながら撮影してました」と回想し、向井監督が「夜中ではない!」とあたふたする場面も。すかさず鈴木が「嘘ついたってことですね?」とツッコミ、齊藤が謝罪をする事態に会場からはどっと笑いが。続けて鈴木は『時々もみじ色』で演じたボクシング部の青年役について「監督がボクシング経験があったのでミットを持ってもらい、しっかり練習しました。僕も撮影中はほぼ半袖で、涙を流しながら撮影していて……僕はウソなんですけどね!被せてウソついちゃいました」と齊藤に便乗。ヒロインをつとめた松田は「4つの作品で1つの物語とのことなので、ところどころに伏線がある。最初の話で出てきたものが最後の話でも出てきたりします」と注目ポイントを話した。

イベント中盤では『時々もみじ色』で主題歌をつとめたBENIが、サプライズで花束を持って登場。「季節感、独特の静けさ、気持ちの変わり方、役の皆さんの力強さをこの曲で表現したくて作りましたので、そこに注目してもらって何か感じてもらえると嬉しいです」と楽曲に込めた思いを語り、向井監督も「オムニバスで1話ずつは完結しているのですが、同じ町で起こっている設定になっていて、同じ町の中でもそれぞれの物語があるんだということが伝えたかった。一つひとつに真っすぐなメッセージを込めたので感じながら見ていただけると嬉しいです」と観客に語りかけた。