「新しい地図」稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が映像作品で本領発揮

#ばるぼら#ミッドナイトスワン#凪待ち#半世界#台風家族#新しい地図#稲垣吾郎#草なぎ剛#誰かが、見ている#香取慎吾

ミッドナイトスワン
『ミッドナイトスワン』に主演している草なぎ剛
ミッドナイトスワン
草なぎ剛
香取慎吾
ばるぼら
ばるぼら
誰かが、見ている

昨年は『半世界』『凪待ち』『台風家族』でイメージを裏切る役柄を好演

まだ夏の名残のあった9月下旬に公開され、今も上映が続く息の長いヒット作『ミッドナイトスワン』。同じく9月からAmazon Prime Videoで配信中の『誰かが、見ている』、そして11月20日公開の『ばるぼら』。今年の秋から冬にかけて、「新しい地図」の3人(稲垣吾郎草彅剛香取慎吾)が映像作品で活躍している。

・『ミッドナイトスワン』草なぎ剛インタビュー

2017年に公式サイト「新しい地図」を立ち上げ、SNSを介してファンや社会と積極的にコミュニケーションを取りながら、AbemaTVの生放送番組「新しい別の窓」、音楽、アート、執筆、チャリティ(LOVE POCKET FUND/愛のポケット基金)など様々な分野に活動範囲を広げてきた彼らは、もちろん以前からドラマや映画、舞台で活躍し、その実力は証明済み。昨年公開されたそれぞれの主演映画では、世間が彼らに抱いていたイメージを良い意味で裏切ってみせた。

草なぎ剛

都会的で洗練された印象の稲垣は阪本順治監督の『半世界』で田舎暮らしの炭焼き職人、老若男女を問わず親しまれる香取は白石和彌監督の『凪待ち』でギャンブル依存症の自堕落な男、柔和な笑顔のイメージの草彅は市井昌秀監督の『台風家族』で両親の遺産をめぐって弟妹たちと争う不機嫌な男。地味で平凡だったり、同情や共感するのも難しかったり、という難易度の高いキャラクター設定を崩さないまま、それでも愛すべき主人公として成立させる力がある。だからこそ、取り組むテーマは意欲的。監督との組み合わせやタイミングも含めて、作品選びのセンスが的確で素晴らしい。

『ミッドナイトスワン』『誰かが、見ている』『ばるぼら』でさらなる進化!

そして3人は今年、さらに進化を見せた。草彅は『ミッドナイトスワン』で孤独なトランスジェンダーが1人の少女との出会いを通して、大きく変化していく過程をきめ細かく演じた。主人公・凪沙の葛藤やふとした仕草まで神経の行き届いた演技だが、インタビューでいくらこちらが食い下がっても、本人はすべて笑い話に変えて苦労は語らない。内田英治監督は草彅について、撮影現場で彼の演技を見ながら「監督なんですけど、感情移入して、ちょっとほろっとする時が多かった」と振り返った。

香取は、様々な媒体で何度も組んできた三谷幸喜が脚本・演出のAmazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』で、予測不能のハプニングを起こしては周囲を巻き込む男・舎人真一を演じている(写真は、舎人役の香取慎吾とレッツ大納言役の稲垣吾郎の出会いのシーン)。30分前後で全8話の各エピソードに毎回豪華なゲストを迎えて、底の抜けたナンセンスな笑いを追求するスタイル。観客を入れてほぼノーカット撮影には、香取の瞬発力が存分に活かされている。

誰かが、見ている

稲垣は、手塚治虫の原作を息子の手塚眞が監督した『ばるぼら』で主人公の耽美派小説の人気作家・美倉洋介を演じる。偶然出会った自堕落な若い女性がミューズとなり、2人で退廃的な世界へと足を踏み入れていく様を二階堂ふみと妥協ない演技で表現している。20代でも30代でもなく、今だからこそピタリとはまる大人の爛熟の兆しが美しい。

ばるぼら

「100%俳優」の3人にこれからも目が離せない

アイドルであることと個性的な役を演じることの両立。実は3人で活動し始める以前から、彼らがやってきたことでもある。咄嗟に頭に浮かぶのは、稲垣は三池崇史監督の『十三人の刺客』(10年)で演じた藩主の異常な嗜虐性、草彅は宮藤官九郎監督『中学生円山』(13年)で演じた謎のシングルファーザーの底知れなさ、香取は人気上昇中だった10代にドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』(95年)で殺人犯を演じた時に見せた狂気の眼差しが印象深い。

稲垣吾郎は10月に配信された「7.2 新しい別の窓 #31」で『スパイの妻』の黒沢清監督と対談した際、「自分では100%俳優と思ってやってきた」「草彅も香取もベースはみんな俳優だと思う」と語った。

長い時間をかけて積み上げたキャリアは、3人にとって健やかな自信になっているはず。焦らずに待つことも知る彼らが、コロナ禍を経験しながら、今度は何を見せてくれるのか。これからが楽しみだ。(文:冨永由紀/映画ライター)

●『ばるぼら』は、2020年11月20日より公開
(C)2019『ばるぼら』製作委員会
<11月21日(土)、公開記念舞台挨拶ライブビューイングが決定>
登壇予定:稲垣吾郎、二階堂ふみ、手塚眞監督
チケット販売:11月18日より各劇場オンラインサイトと劇場窓口にて発売開始予定。詳しくは公式HP(barbara-themovie.com)または各劇場公式HP参照。

●『ミッドナイトスワン』は、2020年9月25日より公開中
(C)2020 Midnight Swan Film Partner

●ドラマ『誰かが、見ている』は、Amazon Prime Videoにて配信中。
香取慎吾が主演、稲垣吾郎も登場、7年ぶりの共演も話題に。
(C)2020 Amazon Content Services LLC