『ミッドナイトスワン』草なぎ剛インタビュー

台本を読んで号泣、子を思う母の気持ちが初めて分かった

#草なぎ剛#トランスジェンダー#ミッドナイトスワン

草彅剛

トランスジェンダー役が自然な感じでできたのは現場のおかげ

『ミッドナイトスワン』
2020年9月25日より全国公開中
(C)2020 Midnight Swan Film Partners

東京でトランスジェンダーとして生きる凪沙が、故郷・広島から親戚の少女・一果を預かることになるところから始まる『ミッドナイトスワン』。実母の育児放棄に遭っていた中学生の少女との生活が始まり、少女はバレエという夢に出会う。高みを目指すこの子の背中を押してあげたい。そう思い始めた凪沙の中に、それまでなかった感情が芽生えていく。

人はこの世に生まれてくる時、親を選べない。性別も、名前を選べない。その定めに抗い挑む凪沙の葛藤を渾身の演技で表現した草なぎ剛に話を聞いた。

──オファーが来て、この作品に出演しようと思った理由は何でしょうか?

草なぎ:面白そうだったので、ほんとに。内田監督の『全裸監督』とかも見ていて、その監督とお仕事できるんだな、面白そうだなと思って。台本も読まないで。

──「内田監督の作品です」いうお話だけで、ということですか?

草なぎ:そうです。役とか作品って、話が来た時点で巡り合わせというか、神様がくれてるんじゃないかなっていう勝手な思い込みがあって。そこは難しく考えないです。来た仕事は取りあえず拒まないで、来るうちはやらないと生活できないみたいな。そんな感じですよ。そんなに難しいことは考えないですよね。

──では、台本を読んでトランスジェンダーの役だと知った?

草なぎ:自分がどの役か分かってないで読んでるくらいなんで。でも、まあこの役だろうな、とは思ってました。主人公って聞いてたから。大体その役なんだろうなと思って。一果ではないな。と(笑)。いつもどの役か分からずに読むことが多いから、それはそれで楽しみではあるんですよ。でも大体いつも合ってる。この役だろうなって。主役じゃなかったら、「あれ? どうかな?」みたいな感じになるんですけど、今回は分かった。でも、あんまり難しく考えないで、ほんとに読んだら「すげぇ、いい!」と思ったので。大体いつもそんな感じなんですよね。

──読んで良かったという一番のポイントは?

草なぎ:どういう気持ちか分からないんですけど、すごく感動したんですよ。果たしてこれは何の感動なのかっていうのが分からないのが、すごい良くて。何て言うのかな……。一果の気持ちもすごい分かる。母から愛情を受けてはいるんだけど、うまく受け止めていない一果と、トランスジェンダーとして生きてきた凪沙のどこかが、心がシンクロするというか。どういう理屈か分からないんだけど、そういうところってすごい人間らしいなと思って。最初に台本を読んで、すごい涙が出てきたんですけど、「何で俺は泣いてんのかな」みたいな。でもそれが非常に素敵で、リアルだなと思って。それが映像でも伝えられたらな、と思ったんです。

──トランスジェンダーを演じるにあたって、特に気をつけたことはありますか?

草なぎ:そうですね。何か考えてもできるような役じゃないので。監督がすごく優れているので、現場でその空気を感じていました。樹咲ちゃんもほんとに初めてで、演技もしたことなかったので、演技するというか、その場でその人物になれれば、というのを意識していました。
事前に監督からいただいたいろいろな資料に目を通して、そういう方(トランスジェンダー)と会ったりして、それも自分の中ですごく役作りの参考にはなりました。現場がすごくいい形で進んでたので、自然な感じで「できたかな」と思っています。

──男性として生まれた健二が「凪沙」という名前を選んだ理由や背景について、監督と話をされましたか?
草なぎ剛

草なぎ:いや、全然してなくて。今初めて、そう言われればそうだなと思った。たまたま僕もクサナギなんで、“なぎ”つながりでね(笑)。

──凪沙の今までの人生をある程度想像して、彼女のストーリーを考えてから挑むという感じでしょうか?

草なぎ:台本に書かれていることが全てというか。やっぱり内田監督の世界感が鮮烈に、読んだときに感じて響いてきたので、自分で裏設定とか考えなくてもよかった。すごく台本に力があったので、無意識のうちに台本に書かれてないような背景も感じ取れたのかな。

──では特にディスカッションもせず。

草なぎ:そうなんですよね。テストもなくてよかった。というか、監督がそういうスタイルだったので。困ったことは特になかった。
あんまり考えてやる役でもないので。もしかして、何度もテストをして作り込んじゃうと、いろいろ考えちゃって、このような形には演じられなかったのかな。僕としては、非常に楽な形で演じさせてもらえたというか。何も言われなかったので、好きにできました。

──好きにできるというのは?
くさなぎつよし

草なぎ:自由に動けたし、それで監督がOKしてくれたので、この方向性で合っているんだなと思っていました。樹咲ちゃんには監督がいろいろ言っていたんですけど、僕のほうには本当に何も言わない。そのバランスもすごく良くて。僕を信頼してくれたのか、僕もだんだん「監督もあえて僕に言ってこないのかな」なんて思ったりして。監督とディスカッションとかはしてないんですけど、日に日にお互いが目指している“凪沙”がつかめていったというか。監督も現場を進めながらやっていったところもあるのかなと思っています。

──映画の冒頭で、凪沙が仲間のダンサーたちとステージでバレエを踊るシーンもよかったです。4人の足並みが揃っていて、すごいと思いました。

草なぎ:そうですね。でも“なんちゃって”バレエなので(笑)。みんなでレッスンして、撮影の合間にも時間を見つけて練習したね。撮影でみんな揃う日がなかなかなくて、「今日みんないるね」という時は撮影現場の隅でやってました。
つま先痛くて(笑)。でも、ああいうのも面白いと思いました。みんなで励まし合って。1人ズレると結構大変だったんで。

なるだけ「明日はちょっといい日になるんじゃないかな」と思って

くさなぎつよし
──4人で手をつないで、というのはかなり大変でしょう。

草なぎ:そう。結構頑張ったね、あの日はみんな。

──草なぎさんはダンスの経験は豊富なので、飲み込みは早かったのではないですか?

草なぎ:その経験も生きてはいるんですけど、やっぱり体の動かし方などは(バレエと)違かったりして、大変でしたね。

──考えすぎずに、その場でその人物になれれば、と思って演じていたと仰いましたが、過酷だったなと思い返すシーンは?

草なぎ:そうですね。海辺のシーンかな。天気のことがあって。撮影でよくありがちなんですけど、早く撮ればいいなと思ってたんですよ。現場に入ったら、ご飯休憩を入れることになって、「休憩いれるの? いやいや、もう撮ろうぜ」と思ったんですけど、みんなおなか減ってたみたいで(笑)。そしたら、ご飯食べたら雲が出てきちゃって。「だから言ったじゃない!」と俺は思ってたんですよ(笑)。それが結構大変でしたね。感極まって一果と接しないといけないのに、撮りながら「あ、雲が来てしまいました」「いやいや、OK」「いや、ちょっとつながってない」みたいな(笑)。あれはほんとにご飯抜きでやるべきだったな(笑)。30分ぐらいかな、ご飯したのが。そしたら急に雲が出てきて。それが一番つらかったです、ほんとに(笑)。

──水川あさみさんが演じる一果の母親とのシーンも強烈でした。

草なぎ:あさみちゃんとは昔共演したことがあったんですけど、本当に久しぶりにお芝居して。すごいパワーというか圧力がありました。一果の本当の母親なので、すごい覚悟で僕と対峙する気持ちが痛いほどで、すごくどきっとさせてもらった。凪沙はそれを受け止めて、自分の子どもではない一果に対して、ほんとの母より私のほうが愛してるんだよ、という気持ちを持つのはやっぱり大変でした。あそこまであさみちゃんに睨まれちゃうと、怖かった(笑)。

──そういう緊迫するシーンでは、さすがに草なぎさんも演技に入る前にぴりぴりしたり、集中して気持ちを作られるんでしょうか。

草なぎ:そうでしたね。現場も緊張感あるので。どうすればいいかな、というのはいつも考えてはいますね。

──一果に向ける母性に満ちあふれた優しいまなざしが印象に残ります。
ミッドナイトスワン

草なぎ:ありがとうございます。一果を演じた樹咲ちゃんは演技が初めてで。でも今まで演技をやったことないが故に、僕の目の前にいるのはほんとに一果だったんですよね。それにすごくびっくりして、というか、いとおしく思えてきて。(撮影中)監督に本当にいろいろ言われていたんですよ。俺は言われなくて、「ほんと大変そうだな」と見ていたのも含めて、すごくいとおしくなってきて、それがうまく相まって。一果、ちゃんと演技できるかなって、ちょっと思ったりするんだけど、役を超えて守ってあげたいな、みたいに思わせてくれたというか。
でも、彼女はしっかりしてもいるんです。逆に僕が(演技の)勉強になったというか。僕も樹咲ちゃんに比べたら、いろんな作品出てますけど、そういうことじゃないんだな、と。どんな演技をしてきたとか、今までやってきたことはもう関係ないというか。いい意味で僕をゼロにさせてくれたので。僕が凪沙を演じるに当たって、監督の気持ちもそうですけど、すごい純粋な、女優さんとしては生まれ立てでそこにいる彼女を見たときに、僕もまたゼロに戻してもらえたところがありました。

──この物語は一果というキャラクターがとても重要です。おっしゃるように服部さんは素晴らしかったですが、それを引き出したのはやっぱり草なぎさんだと思います。

草なぎ:いえいえ。

──どういうふうに彼女と接していらっしゃいましたか? 撮影合間にいろんなことをお話ししてあげるとか。

草なぎ:合間に話してるときはほんと等身大の少女で、「お菓子食べたいんだよね」とか。僕も「あ、チョコレート好きなんだ」とか言って。お母さんが僕と同じ年なので、お母さまにも樹咲ちゃんにも何か親近感が湧いてきたし。だけどカメラ前に立つと、やっぱりすごい。大げさなこと言うと、彼女は一果を演じるために生まれてきたんだなって思わせてくれたんですよね。アパートのシーンでは、ほんとに田舎から出てきた女の子なんだけど、バレエを踊るともう周りの空気をいっぺんに変えてしまう存在感。もうこれはすごいなって思うんですよね。
だから何ていうのかな、僕もそうだと思うんですけど、役との巡り合わせというのはあって、今回はほんとにスペシャルな奇跡がみんな起きていて。だから、手前みそになっちゃうかもしれないんですけど、この作品は奇跡が積み重なってます。なかなか計算では生まれることじゃないところもある。だから、僕も何にも考えないで、すらっとできたんじゃないかなと思って。僕も樹咲ちゃんに何か刺激与えてあげられたらな、あげないとな、と思って一所懸命やったのがよかったのかなと思うし。お互いが相乗効果で役を演じきれたのかなと思います。

──夜の公園で一果が凪沙にバレエを教えてあげるシーンが好きです。2人のやりとりがすごく自然ですが、台本どおりなんですか?

草なぎ:僕は台本どおりでやってるんですけど、監督は「アドリブっぽくなってるね」って。せりふ間違えてんでしょうね、僕が。台本どおりでやってるんだけど、「ナイスアドリブ」とか言われて(笑)、「いや俺、別にアドリブやってるつもりないんだけど」みたいな。「それ、せりふ前後してるだけじゃないの? 言い間違えてるとか」って思いながら(笑)。不思議ですよね。だから、いい時ってそうなっちゃうのかな。すごいいい感じに回ってたんでしょうね。

『ミッドナイトスワン』撮影中の様子
『ミッドナイトスワン』撮影中の様子
──見ていて思うのは、凪沙は“女の人より女らしい”ではなくて、もう“女の人”なんです。肉体としては“女になりたい”段階かもしれないけれど、精神としては女性であるという。演じるうえで、そのさじ加減はすごく難しいのはないでしょうか?

草なぎ:いや、何も考えてないですけどね。うちの母ちゃんのこと考えてたのかな。今まで会ってきた女の人のこと考えてたのかな、どこかで。……いや、考えてないです。
あんまり何にも考えてないですよね。こういうふうにやったら女らしいかな、みたいな。少しYouTubeで歌舞伎の女形の型を見たりとかしたかな。でも、あんまりやり過ぎても……みたいなところはあったので、ほんと何も考えてないです。

──凪沙は「どうしたら母になるか」と、命懸けの決断をします。もしかしたら、自分の命がなくなってしまうかもしれない。そういう決断は今までありましたか。

草なぎ:いや、僕はしてないですね。人のために生きるってのは疲れちゃうじゃないですか。まず自分が健康で、自分がちゃんとしないと疲れちゃうので。自分を犠牲にしてまでというのは……、自分に子どもが本当にできたら、もしかしたらそうするのかなってちょっと思えるぐらいで、基本的にはやっぱり自分重視ですよね。自分をちゃんとしてから、他の人を助けるとか。
でもやっぱりお母ちゃんなんでしょうね。母親ってそうなのかもしれないって少し思いました。ほんとに自分の母親のことを考えたりしました。思えば、熱を出したときにうちの母ちゃんが心配してくれて。そういうときの、自分はどうなってもいいからこの子を助けたいっていう母親の気持ち。それ、初めて分かったんだよね。
この作品をやって分かったというわけではないですけど、ちょうどそういう歳というか、そういうときにこの役がきたので演じられたかなとは思います。

──若いときだったら……

草なぎ:思わないですよね。だからほんとにこのタイミング、このときにしかできない役だと思います。

──凪沙のせりふは印象深いものがたくさんありますが、私自身に響いたのは「泣けば大体収まるわ」という一言でした。どうしようもない、逃れられないような苦しみや悲しみとずっとつき合っていかなければいけないから出てくる言葉だと思ったんです。こじつけになってしまいますが、今はコロナ禍の影響などで、“ずっと付き合っていかなきゃいけないもの”という感覚が誰にとっても切実になっているように思います。草なぎさんご自身は、そういうやるせなさとどう向き合っていらっしゃいますか?

草なぎ:あんまり考えないで、ポジティブに捉えるようにしてるので。今回コロナ禍でこんなに大変になることは、誰も予期せぬことだったと思います。舞台だとかいろいろイベントもやるつもりだったんだけど、できなくなって。悲しかったり、残念な気持ちはあるんです。それでも、なるだけ「明日はちょっといい日になるんじゃないかな」と思って。嫌なことをまた一つ乗り越えると、次にいいことがあるんじゃないかなって常に思っていくと、楽に生きられる気が、僕はしてますね。

(text:冨永由紀/photo:小川拓洋)

草なぎ剛
草なぎ剛
くさなぎ・つよし

1974年7月9日生まれ、1991年にCDデビューし、TV、映画、舞台で活躍。主な映画出演作は『黄泉がえり』(03年)、『日本沈没』(06年)、『あなたへ』(12年)。2017年9月にオフィシャルサイト「新しい地図」を立ち上げ、主演の『光へ、航る』を収めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(18年)は2週間限定公開で28万人以上を動員する大ヒットとなる。舞台は音楽劇「道」(18年)、「家族のはなし」(19年)、「アルトゥロ・ウィの 興隆」(20年)などに出演。その他の映画出演作は『まく子』(19年)、『台風家族』(19年)。