宇垣美里「2次元になるのが夢だった」声優挑戦にも意欲

#宇垣美里

宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里をイメージしたキャラクター「はじまりの星たぬき姫」
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
宇垣美里
ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記
左から、岩田星人(株式会社コロプラ)、角田亮二(株式会社コロプラ)、宇垣美里、神保昌登監督、松尾英児(株式会社コロプラ)

フリーアナウンサーの宇垣美里が、1月27日に渋谷ヒカリエ9F・ヒカリエホールにて行われた、TVアニメ白猫プロジェクト『ZERO CHRONICLE』プレス向け発表会に登場。本作の魅力や、自身がアニメを見るようになったきっかけを明かした。

TVアニメ白猫プロジェクト・応援サポーターの宇垣美里、その他の写真

2014年7月にリリースされて以降、大好評を博したスマホゲーム「白猫プロジェクト」。ゲームのファンから寄せられたアニメ化を望む声に応え、株式会社コロプラがゲームの前日譚となるストーリーをアニメ化。4月よりテレビ放映されることが決定した。スペシャルゲストとして本作の応援サポーターをつとめる宇垣、宇垣と同じくアニメ好きなニッポン放送アナウンサーの吉田尚記をMCに迎え、トークセッションが行われた。トークには『ZERO CHRONICLE』の監督・脚本を手がける神保昌登とスーパーバイザーの角田亮二も登壇した。

「アニメが昔から好きで、それをお伝えできる仕事につけて嬉しい」と語る宇垣。アニメを見るようになったきっかけを「大学に入って授業を組むのを手伝ってもらった先輩から『ミサトさんというキャラクターが出てくるアニメが好きなんだ』と教えられ、見始めたらズブズブとハマってしまった」と明かし、好きなジャンルについては「SFやレジスタンスものなど、体制を崩すようなストーリーが好き。レジスタンスものを見た後に、日常のアニメを見てほっこりします」と語った。

『ZERO CHRONICLE』のアニメとしての魅力については「『ロミオとジュリエット』のような立場を超えた恋愛模様が描かれている。ファンタジーの要素も詰め込まれていて、敵・味方の構図もわかりやすく、皆さんがきっと好きなストーリーだと思います。ゲームの前日譚となっているので、すでにゲームをやっている人も始まりの物語を知ることができるし、このアニメを見てからゲームをやってみるという楽しみ方もできる」と話した。

イベント終盤では、宇垣をイメージして特別に制作されたキャラクターデザイン画がお披露目された。自身のキャラクター「はじまりの星たぬき姫」を見た宇垣は「こんなかわいく描いていただいていいんでしょうか?」と照れた表情を浮かべ、「2次元になるのが夢だったので嬉しいです。2020年良いスタートが切れました」とコメント。声優のオファーがあったらどうするかという質問には「やりたいです」と即答し、「自分のキャラクターが動いているのを見るだけでもニマニマしてしまうのに、それに声を吹き込むことができたら、もうそれで十分という感じです。孫の代まで語り継ぎます」と目をキラキラさせた。

イベント後の取材では、記者からアニメや声優の話をしている時は早口になっていることを指摘されると「好きなものについて語ると早口にならないですか? 熱量と思いが口の早さとマッチしなくて」と告白。「思いがどんどん溢れ出て早口になってしまうので、そこはアナウンサーとして良くないな……」とつい早口になってしまうことを反省していた。