映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』3月全国公開!ナビゲーターは東出昌大

#三島由紀夫

(C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会
(C)2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会

作家・三島由紀夫と東大全共闘の真相に迫った映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』が、3月20日より全国公開されることが分かった。合わせて特報が解禁されたほか、ナビゲーターを俳優の東出昌大がつとめることが明らかにされている。

『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』特報はこちら

本作は、1969年5月13日、東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた討論会「三島由紀夫vs東大全共闘」の関係者や現代の文学者・ジャーナリストらから、三島に関する証言を集めたドキュメンタリー。2019年に発見された記録映像のフィルム原盤を高精細映像にリストアし、伝説の討論会の様子を切り取り、三島の生き様を映し出す。

本作のナビゲーターをつとめるのは、三島が書き上げた日に生涯を閉じ、三島最後の長編小説として名高い「豊饒の海」の舞台作品にも出演し、数多くの三島作品を読破してきた東出。製作陣が本作への参加をオファーしたところ、東出が快諾したという。

東出は、参加にあたって「三島と同窓の豊島(圭介)監督が、どのような視点で映像作品にされるのか、大変興味がありました。『討論 三島由紀夫vs東大全共闘』は以前拝読しましたが、映像作品化されることによってよりスムーズに、この時代、日本人、現代を再考し、発見が生まれる機会が得られることを期待しております」と語っている。

同時解禁された特報映像では、貴重な映像の一部を紹介。荒ぶる東大全共闘のメンバー1000人を前に、三島が「私は安心している人間が嫌いなので」と啖呵(たんか)を切ったり「言霊(ことだま)を私は残して去っていく」と訴えたりする様子、三島に情熱的に対峙する当時の学生らの姿を確認できる。