エマ・ストーン、2年間交際した恋人と婚約

#エマ・ストーン

婚約者デイヴ・マッカリーのインスタグラムより
婚約者デイヴ・マッカリーのインスタグラムより

アカデミー主演女優賞を受賞した『ラ・ラ・ランド』、『女王陛下のお気に入り』などのエマ・ストーンが2年前から交際を続けてきた監督・脚本家のデイヴ・マッカリーと婚約したことが明らかになった。

[動画]エマ・ストーン出演/映画『ゾンビランド:ダブルタップ』予告編

ストーンは2016年にテレビの人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライヴ(SNL)』に出演した際、同番組のディレクターだったマッカリーと出会った。2017年夏頃から交際が始まったが、ストーンは私生活についてオープンに語ることは少なく、公の場に一緒に現れることも稀だった。

12月4日(現地時間)にマッカリーがインスタグラムに、薬指に大きな真珠の指輪をはめた左手拳を突き出す彼女とのツーショットを投稿。写真にコメントはなく、ハートの絵文字のみが添えられていたが、ストーンの代理人はCNNなどに婚約の事実を認めた。

マッカリーは2013年から『SNL』にコントのディレクターとして参加、エミー賞や全米脚本家組合賞にもノミネートされている。また同番組の出演者で幼なじみでもあるカイル・ムーニーの原案・主演の映画『ブリグズビー・ベア』(17年)で長編映画監督デビューも果たした。

マッカリーが贈った婚約指輪は、東京とニューヨークに店舗を構える日本のブランド「kataoka」のもの。8ミリのアコヤ真珠を小さなダイアモンドが囲む繊細なデザインだ。