サメには飽きた、今度はワニだ!サバイバルスリラー『クロール ―凶暴領域―』公開決定、予告編解禁

『クロール ―凶暴領域―』ポスタービジュアル
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
『クロール ―凶暴領域―』ポスタービジュアル
(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

サメを遥かに超えるどう猛さで人間に襲い掛かる地球最強の捕食生物=ワニと、巨大ハリケーンの襲来という最恐最悪の組合せに見舞われた極限状態からのサバイバルを描く『CRAWL(原題)』。『ドント・ブリーズ』のプロデューサー サム・ライミが新たに仕掛けるこの映画の邦題が『クロール ―凶暴領域―』に決定、10月11日より日本公開されることも発表され、その予告編&ポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]映画『クロール ―凶暴領域ー』日本版予告編

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、“何モノか”によって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。

その“何モノか”とは、大量発生したワニ。ハリケーンに見舞われる中、ワニがうごめくこの家から、負傷した父とともに脱出を図る主人公のヘイリー役を演じるのは、2019年にカルティエの新モデルに抜てきされ、『メイズ・ランナー』シリーズや『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のニューヒロインとしての来日も記憶に新しいカヤ・スコデラリオ。彼女の父親役を、『プライベート・ライアン』などで知られるバリー・ペッパーがつとめる。

解禁となった予告編は、最大級のハリケーンが襲いかかったフロリダ州に特別警報が発令され、住民は直ちに避難するよう勧告されるシーンから幕を開ける。そうした中、避難区域で父を探す女性ヘイリーが実家を訪ね、地下で重傷を負った父親を見つける。だが、「ハリケーンがもたらしたのは、水の氾濫だけではなかった」というナレーションとともにヘイリーは、突然、背後から何モノかに襲われ引きずり込まれてしまう。

そこにいたのは、なんと巨大なワニだった。誰も助けに来ない最悪の状況のもと、巨大ハリケーンと、地球最強の捕食生物ワニ、そして浸水のタイムリミットが迫る中、はたしてヘイリーはこの地獄から生きて脱出することができるのか?