草なぎ剛「僕、まだアイドルだよ」発言に観客拍手喝采

#イベント#ミッドナイトスワン#映画#草なぎ剛

ミッドナイトスワン
左から渋谷慶一郎、草なぎ剛、内田英治監督
ミッドナイトスワン
草なぎ剛

草なぎ剛が11月29日、都内で実施された主演映画『ミッドナイトスワン』の公開記念舞台挨拶に内田英治監督、音楽を担当した渋谷慶一郎とともに登壇。「公開10週目で大ヒット舞台挨拶なんて、芸能生活で初めてかもしれません。いや、あったかな? やっぱり、ないな。初めてです」と喜んだ。

台本を読んで号泣、子を思う母の気持ちが初めて分かった/『ミッドナイトスワン』草なぎ剛インタビュー

草なぎ剛「本当に代表作になった気がします」大ヒットに感慨

冒頭の挨拶で大ヒットとなった感想を訊かれた草なぎは「本当にうれしいです。最初に監督から”全然、後ろ盾のない作品なんですよ”って後ろ向きな話をされていたのですが、できあがったときに『最高ですよ』って伝えたんです。ね? 監督、大丈夫だったでしょ?」とコメント。「オリジナル作品でマイノリティ的な要素が多いので、(大ヒットは)難しい映画のかもしれません。でも、それがいい。大ヒット的要素がないから、むしろいいと思いました。脚本を読んだときに気づいたら涙が出ていて、自分がなんで泣いているのか分からなかったけれど、それがすごく良いって感じて。そういう気持ちを映像、演技で伝えたいと思いました。こうやってたくさんの方に観ていただけたということは、その気持ちが伝わっているんだなと思っています。監督、渋谷さん、カムサハムニダ」と韓国語を交えながらお礼。「代表作はミッドナイトスワンになるなんて、最初冗談半分で言っていて、ハッシュタグ(#草彅剛代表作)なんてつけていたけれど、本当に代表作になった感じがします」と笑みをこぼした。

本作を複数回見るという意味の”追いスワン”というワードが巷で使われていることに触れて「口コミで広がっている映画です。いい言葉だと思いませんか、”追いスワン”って」とニコニコ。「1 回目より 2 回目、2 回目より 3 回目のほうが感動するという感想を多く見かけます。それが”追いスワン”につながっているんだと思いました。見るたびに新しい感動がある。内容がわかっているのに泣くのって、本当に不思議ですよね。新しい感動が湧き出る感じなのかな」と熱弁した。

草なぎ剛「バカにしないで! 僕、まだアイドルだよ」

クリスマスが近づいているということで、今年の予定を聞かれると草なぎは「教えないです。プライベートなことなんで」と即答しながらも、「3人ともおじさんなんで、何も予定なんてないですよ。昨年のことも覚えていない。何かやったかな? クルミちゃんの散歩かな、多分」と振り返ると、MC が「20代なら、色々とありそうですけど、そうですよね。こんな質問をしてすみません」と言ったところで「バカにしないで! 僕、まだアイドルだよ」という草なぎに、この日一番の大きな拍手が送られる場面も。草なぎは照れ笑いを浮かべながら「ちょっとささやかだけど、スタッフの方と密にならないよう少人数で何かやりたいですね、外で。グランピングとかどうかな。風通しの良いところで、厚着して鍋。そうだ、外鍋とかいいかも。安全を考えて、やれたらいいな」と提案した。

今度は来年の抱負についてたずねられた草なぎ。「アハハハ。わかんないですよね、来年のことなんて」としながらも「こういうときは、ちゃんと答えないとダメなんだよね。まだまだ見ていない人もたくさんいると思うので、来年も『ミッドナイトスワン』をよろしくというのはいかがでしょうか。新しいハッシュタグ作りましょう。公開10週目を迎えたけれど、まだまだたくさんの映画館で上映されているので、さらに広げていきたいと思います。トレンド入りを目指すためのハッシュタグは、シンプルに“#ミッドナイトスワン大ヒット”でいかがでしょうか。長いとみんな間違っちゃうでしょ、僕も含めて(笑)」と呼びかけると、会場から大きな拍手が。満席の会場を見渡しながら、草なぎは「今日は、絶対トレンド入りを目指しましょう!」と気合を入れていた。

最後の挨拶で「今日、ここに足を運んでくださった方、そして、中継でご覧いただいている全国の方たちも本当にありがとうございます」とお礼。「公開10週目を迎えることができて本当にうれしく思っています。年齢問わず(心に)訴えかけるものがある映画で、生きていくうえで大事な気持ちを、凪沙と一果を通して感じてもらえる気がしています。生きていくのは自由だよ、偏見や差別みたいなものがなくなればいいなという気持ちが込められていると感じていますし、そういったことを考えるきっかけになる作品になれたら、創った身としてはとてもうれしいです。世界に羽ばたいていってほしい作品でもあり、身近に感じてほしい作品でもあります。また今日から始まる『ミッドナイトスワン』を今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

イベント終了後、草なぎは「『ばるぼら』も公開中! 稲垣吾郎代表作『ばるぼら』」と公開中の稲垣の映画もアピール。上機嫌でステージを後にした。

INTERVIEW