山田裕貴、長野五輪スキージャンプ悲願の金メダルを支えたテストジャンパー役!

#山田裕貴

山田裕貴
山田裕貴
山田裕貴
1998年長野五輪・テストジャンパー集合写真
(C) 2020映画『ヒノマルソウル』製作委員会

1998年の長野オリンピックで日本中を感動の渦に巻き込んだスキージャンプ団体、悲願の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる感動秘話を映画化する『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』の公開日が、東京オリンピック開催直前の6月19日に決定! 田中圭が主人公を演じることはすでに発表されているが、新たに山田裕貴の出演も発表された。

[動画]山田裕貴、衝撃的な背中一面の刺青姿公開/映画『闇金ドッグス6』予告編

本作で、田中圭が扮するのはスキージャンパーの西方仁也(にしかた・じんや)役。1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で「日の丸飛行隊」のメンバーとして日本代表を牽引するも、エース原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓い、代表候補として有力視されながらも落選。その後、テストジャンパーとなって日本代表を裏方として支えた人物だ。

物語は、西方の金メダルへの強い思い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間のため、日本のために、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む深い人間ドラマを映し出していく。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そうした中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプが、史実に基づきダイナミックに描かれていく。

原田選手が金メダル獲得後インタビューで語った「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな」という言葉は、岡部・斉藤・船木ら代表選手だけでなく裏方に徹し日本選手団を支えた親友・西方、そしてテストジャンパーたちに向けられた言葉だったのだ。そんな西方と原田の熱い友情と絆、そして4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちの思いを知った時、誰もが心を打たれる感動作となっている。

山田が演じるのは、25人のテストジャンパーの一員で聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役。北海道札幌市出身で、聴覚障害がありながらも、1998年のSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルにおいて岡部孝信、宮平秀治らを破り優勝した後、長野五輪にテストジャンパーとして参加したスキージャンパーだ。山田と田中の共演は、2018年のドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ)以来で、メガホンをとる飯塚健監督とは映画『虹色デイズ』(18年)以来のタッグとなる。

本作出演に山田は「小学校の頃に見た長野オリンピック、スキージャンプの映像が今でも頭の中に浮かびます。初めてのスキーに挑戦ですが、とにかく練習します(笑)。このお話は中継にも載っていない裏側のお話。”目に見えていない部分も見ようとする”これを大事にしているのですが、表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。チーム一丸!! 生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい」とのコメントを寄せている。