山田裕貴を励ます師匠・佐々木蔵之介『嘘八百 京町ロワイヤル』本編映像

#佐々木蔵之介

(C) 2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
(C) 2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会

中井貴一&佐々木蔵之介がW主演し大ヒットした開運お宝コメディ映画『嘘八百』。その続編となる『嘘八百 京町ロワイヤル』より、若手陶芸家を演じる山田裕貴と、彼が師として慕っている佐々木が、並んで陶芸に励むシーンの本編映像が解禁された。

[動画]山田裕貴を励ます師匠・佐々木蔵之介/『嘘八百 京町ロワイヤル』本編映像

監督は前作に続き『百円の恋』の武正晴がつとめており、新たに広末涼子をマドンナに迎え、イカサマ古物商×落ちぶれた陶芸家コンビのドタバタ劇は全方位にパワーアップ。世紀のコンゲームを展開する。

かつて大阪・堺で幻の利休の茶器で大勝負を仕掛けた古物商の則夫(中井)と陶芸家の佐輔(佐々木)。2人はそれぞれの人生を送っていたが、ひょんなことからお宝眠る古都・京都で再会を果たす。そこで出会ったのは、着物美人の志野(広末涼子)。彼女のけなげな思いにほだされて、2人は利休の茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人“古田織部”の幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すが……。それはやがて有名古美術店(加藤雅也)や大御所鑑定家(竜雷太)、陶芸王子(山田裕貴)、テレビ番組をも巻き込む大騒動に膨らんでいく。

解禁されたのは、「陶芸王子」としてお茶の間で人気の若手陶芸家・牧野慶太(山田)が、佐輔(佐々木)のもとを訪ねるシーン。陶芸家としてはくすぶり続ける佐輔と、華々しくテレビで活躍する慶太。そんな慶太から陶芸家として尊敬されていることに佐輔は驚きつつも、陶芸の中でも基礎となる土を2人で一緒に練っていく。

「好きなもんだけ作ってられた…」とどこか暗い調子で話す慶太に、佐輔は自分の手を見つめ「昔はもっときれいな手、しとったのにな」とつぶやく。慶太の手を取り「まだまだきれいや」と励ます佐輔。しかし複雑な表情で「もう汚れてます」と返す慶太。陶芸王子としてテレビで華々しく活躍する裏で、慶太が背負っているものとは? 佐々木と山田が演じる師弟関係にも注目だ。

『嘘八百 京町ロワイヤル』は2020年1月31日より全国公開となる。