『スター・ウォーズ』最終章、興収15億円超で今年の実写オープニング記録樹立

#スター・ウォーズ

(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

12月20日に全国378劇場、962スクリーンで公開となった映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が、前夜祭上映を含めたオープニング3日間(12月20〜22日)で興行収入15億7046万円、観客動員101万8851人を記録したことがわかった。

『スター・ウォーズ』最終章、世界同時公開で累計3億7350万ドル

この数字は、今年の実写映画オープニング記録を保持していた『アベンジャーズ/エンドゲーム』の最初の3日間の記録(興収14億6980万円、動員97万人)を塗り替え、実写映画のオープニング成績でNO.1を獲得。最終興収100億円突破、ならびに『スター・ウォーズ』シリーズ史上最高の最終興収も狙える数字となっている

また、世界中でも続々と初登場NO.1を記録。北米では週末で1.7億ドルを超え初登場NO.1、さらに中国、イギリス、ドイツ、ブラジルなど約50の国と地域で驚異的な成績で初登場NO.1を獲得している。