宮沢りえ、デビュー作『ぼくらの七日間戦争』振り返り「劣等感がありました」

#宮沢りえ

宮沢りえ
宮沢りえ
宮沢りえ
左から宮沢りえ、北村匠海、芳根京子、村野佑太監督
芳根京子
北村匠海
宮沢りえ
芳根京子
北村匠海
芳根京子
宮沢りえ
芳根京子
村野佑太監督

アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』初日舞台挨拶が12月13日にTOHOシネマズ 日比谷にて行われ、北村匠海(鈴原守役)、芳根京子(千代野綾役)、宮沢りえ(中山ひとみ役)、村野佑太監督が登壇した。

『ぼくらの7日間戦争』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、累計発行部数2000万部を突破した宗田理の人気小説をアニメ映画化。1988年に宮沢りえ主演で映画化された実写版から約30年が経過した2020年の北海道を舞台に、少年少女たちと大人たちの戦いが描かれる。

満員の客席を見渡した宮沢は「30年前のことを知っている人はほとんどいないんでしょうね」と発言すると「まさか30年後に(宮沢が演じた役である)中山ひとみとして、作品に出演するとは思っていませんでした」と感慨深い表情を見せる。当時15歳だった宮沢は実写版の『ぼくらの七日間戦争』がスクリーンデビュー作。戦車に乗ったひとみの姿は、大きな反響を呼んだが「映画が公開されると『あの映画は私の青春です』などと、とてもいい感想をいただき、この作品がデビュー作で良かったなと思っていました。その感謝を込めて、参加させていただきました」と晴れやかな表情で語った。

本作で主人公・鈴原守の声をつとめた北村、守の幼なじみの千代野綾を演じた芳根ともに、実写版が公開された当時はまだ生まれていなかったが、2人とも宮沢が主演した作品は見ていたという。北村は「今、22歳の僕からみても(宮沢が)15歳とは思えないぐらいセリフ1つひとつが達観しているようで大人びていました」と感想を述べると、芳根も「当時の力強さが羨ましく感じました」と宮沢を見つめる。

そんな宮沢は、「初めての映画で、演技に対する不得意感というか劣等感がありました。撮影前の合宿もとても苦痛で仕方なかった」と当時を振り返るが、いざ撮影で現場に入ると、スタッフや監督たちの作品に対する熱意とプロフェッショナルな立ち振る舞いに感動し「できなかったことができているように感じました」と芝居の奇跡を感じたという。

イベント後半には、今年91歳になる原作者の宗田理から作品を称賛する手紙が届くと、本作のアフレコで、宗田と30年ぶりに対面したという宮沢は「お変わりなくお元気そうでした。私たちの青春時代は先生の小説を読んで育った。今もなお新作を書いてらっしゃると聞いてとても嬉しくなりました」と笑顔を見せていた。