『パシフィック・リム』芦田愛菜インタビュー

ハリウッドデビューした名子役を直撃!

#芦田愛菜

出演が決まったとき「外国でお芝居ができるんだ!」と思って嬉しかった

鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が渾身の力を注いだSFアクション大作『パシフィック・リム』は、“KAIJU”という巨大で凶暴なエイリアンに打ちのめされた人類が、人型巨大兵器「イェーガー」を開発して立ち向かう姿を描いた作品だ。

日本オタクというギレルモ監督の“日本愛”が随所に盛り込まれていて、メインキャラクターの1人、マコを菊地凛子が演じ、その幼少期を芦田愛菜が演じている。

本作でハリウッドデビューした芦田に、撮影エピソードや映画の見どころなどを聞いた。

──本作への出演が決まったときの感想を教えてください。また、完成した作品を見ていかがでしたか?

芦田:出演が決まったときは、「外国でお芝居ができるんだ!」と思って嬉しかったです。完成した映画を私も見させていただいたんですけど、ものすごい迫力がありました! そんな迫力あるシーンを見ていると体に力が入りすぎて、見終わる頃には手が汗でびっしょりしでした。こんな素晴らしい作品に出演することができて嬉しいです!

──“KAIJU”やイェーガーの映像は後で付け加えているので、撮影時は何もないところで演技しなければならなかったと思いますが、グリーンバックでの撮影はいかがでしたか?

芦田:見えないものを相手にお芝居をするのは、難しかったです。

凜子さんみたいに外国の映画に出演することができたらいいな
芦田愛菜

──菊地凛子さんはどんな存在でしたか? スクリーン上での共演はありませんでしたが……。

芦田:大人になったマコを演じている凜子さんはとっても格好良くて、私も凜子さんみたいに(これからも)外国の映画に出演することができたらいいなと思います。

──この映画に登場するような“KAIJU”が実際に目の前に現れたらどうしますか? 大人になったマコ(菊地凜子)のように戦いますか?

芦田:たぶん、(怖くて)戦えないと思います(笑)。

──もしも操縦できるとしたら、イェーガーを操縦してみたいですか?

芦田:してみたいです! 戦うのは恐いけれど、練習のような感じだったらイェーガーに乗って操縦してみたいです。

──ギレルモ・デル・トロ監督はどんな人でしたか?

芦田:監督さんに会ったときに「(自分のことを)トトロって呼んでねって」と言ってくれたんです。とっても優しい監督さんでした。上手に演技ができたときには「アメージング(驚くほどに素晴らしい)!」とか「パーフェクト(完璧)!」と言って頭をなでてくれたのが嬉しかったです。

──監督からどんな演技指導をしてもらったのでしょう?

芦田:私は英語がまだよく分からなかったので、監督は身ぶり手ぶりで説明してくれました。あと、(“KAIJU”に追いかけられるシーンなど)そのシーンがイメージしやすいように、絵コンテを見せてもらいながら説明してもらいました。

これから英語を勉強していきたいなと思っています
芦田愛菜

──海外の撮影を経験して英語に興味を持ちましたか?

芦田:外国に行くまでは「ハロー!」とか「サンキュー!」とか簡単な英単語しか知らなかったんですけど、この『パシフィック・リム』の撮影をきっかけに、自分の気持ちや考えを自分の言葉で相手に伝えたいなぁと思ったので、これから英語を勉強していきたいなと思っています。
 日本の撮影現場では「よーい、スタート!」っていうのを、向こうの撮影現場では「アクション!」って言うので、いつもと違う言葉で最初はびっくりしました。でも、今は「アクション!」っていうのは格好いいなって思います。

──日本の撮影現場とアメリカの撮影現場、ほかに何か違いはありましたか?

芦田:楽屋が1人1台のキャンピングカーなんです! ベッドとかも付いていてびっくりしました。(日本の撮影現場ではなかなかないので)楽しかったです! あと、ケータリングでできたてのホットドッグとかスープとかがあって、カットがかかるたびにスタッフの方が持ってきてくれたりして、日本ではないことなのでびっくりしました。

──最後に『パシフィック・リム』の見どころを教えてください。

芦田:この映画は、太平洋の底から“KAIJU”が現れるんです。その“KAIJU”から地球を守るために、巨大人型兵器イェーガーに人間が乗り込んで戦う、というお話です。私もマコ役を一生懸命頑張って演じました。ぜひ、映画館で見てください!

芦田愛菜
芦田愛菜
あしだ・まな

2004年6月23日生まれ、兵庫県出身。母の勧めで3歳で芸能界入り。テレビドラマ『Mother』(10年)で注目を浴び、『ゴースト もういちど抱きしめたい』(10年)で第34 回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。主な出演作は映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11年)、『うさぎドロップ』(11年)、NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(11年)やテレビドラマ『マルモのおきて』(11年)など。『マルモのおきて』の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」など歌手としても活躍している。

芦田愛菜
パシフィック・リム
2013年8月9日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開
[監督]ギレルモ・デル・トロ
[出演]チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜
[原題]PACIFIC RIM
[DATA]ワーナー・ブラザース

(C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC