YOSHIKI、オーストラリア森林火災と熱帯雨林保護へ10万ドルを寄付

#YOSHIKI

YOSHIKI
YOSHIKI

YOSHIKIが、現在世界で最も切迫した2つの環境問題のために、10万ドル(約1,100万円)の寄付を行った。

[関連]YOSHIKIが「アマゾン熱帯雨林基金」に10万ドルを寄付

YOSHIKIは、自身が運営する「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、オーストラリア森林火災の災害救助と復興支援を行っている豪赤十字に5万ドル、 熱帯雨林の保護活動を行っている米レインフォレスト・トラストの保全活動基金に5万ドル、合わせて10万ドルを寄付した。

YOSHIKIは地球に大きな影響を及ぼしている環境問題について強い関心を抱いており、今回の寄付に関して「環境保護とサステナビリティの二つは、自分にとっても最も重要な課題です。みなさんの故郷がどの国だろうと、同じ1つの地球で生活していることに変わりありません。これは、地球の全ての命に関わる問題であり、より多くの人々がこの事に関心を抱いてくれることを願っています」とのコメントを発表している。

長年にわたって災害の救援や、子どもたちの音楽教育への支援活動を行っているYOSHIKI。先日開催されたゴールデングローブ賞授賞式に参加し、そこで目にしたオーストラリア森林火災への溢れんばかりの支援に感銘を受けた。そして友人で映画監督のジェームズ・ガン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)の環境保護活動にも強く共感し、自身の基金のミッションに環境問題を加えることを決意したそうだ。オーストラリアの大規模な森林火災には、レオナルド・ディカプリオをはじめ、ハリウッドスターも続々と支援や寄付を表明している。