福山雅治、戻ってみたい過去は「老眼になる前」

#福山雅治

福山雅治
福山雅治
福山雅治
松たか子(左)と福山雅治(右)
福山雅治
松たか子
広瀬すず
神木隆之介

福山雅治が、1月9日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた、映画『ラストレター』の完成披露舞台挨拶に松たか子、広瀬すず、森七菜、神木隆之介とともに出席。戻ってみたい過去について「老眼になる前」だと明かした。

『ラストレター』完成披露舞台挨拶、その他の写真

『Love Letter』『四月物語』『花とアリス』など、数々の名作を世に送り出してきた岩井俊二監督の最新作は、初めて出身地である宮城を舞台にした、手紙の行き違いをきっかけに始まった2つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリー。

松たか子演じる主人公・岸辺野祐里の恋人・乙坂鏡史郎役をつとめた福山と、その高校生時代を演じた神木は、待望の岩井組初参加を果たした。神木は「初めてというくらい、本番中に夢なのか現実なのか分からないまま、不思議な雰囲気で役を演じられた」と岩井監督の撮影現場を絶賛。一方福山は、神木と似ているという意見に「似ているのは神木くんのお芝居の賜物」とコメント。神木はそれに対し「よかったー!」と笑顔で喜びを現した。

松は福山との共演で印象に残っているシーンについて「カメラが止まっても続けられそうな空気感を、何年かに一度感じるんですけど、(そういう雰囲気は)福山さんが導いてくれたんだなと思います。会話をしてて楽しくて、話をするってこと自体が、すごくやっててなんか面白かったんですよね、楽だったと言うか…」と振り返った。福山も松を”ものすごく話しやすい人”と、お互いが自然体でいられることを明かした。

さらに、映画『三度目の殺人』で福山と共演した広瀬は、「吸い取られるくらいのエネルギーと集中力。『三度目の殺人』の時にご一緒させていただいた時と全然違う福山さんを見た」と称賛。この日はキャスト陣が、映画にちなんで、”戻ってみたいと思う過去”と言う質問に回答するコーナーも。福山は自分が似合う大人になったら購入することを決心していた時計をようやく手に入れたものの、文字が小さいあまり近づけても遠ざけても見えないというエピソードを披露し、「老眼になる前ですかね」と答え、会場内の笑いを誘った。

この日は岩井監督も登壇予定だったが、残念ながらインフルエンザにて欠席となった。岩井監督が豪華なキャストと共に新たに紡ぎ出す映画『ラストレター』は1月17日より全国公開となる。