松本穂香が「酔うと化け物になる父」と格闘!実録コミックエッセイ映画化に主演

#松本穂香

(C) 菊池真理子/秋田書店 (C)2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
(C) 菊池真理子/秋田書店 (C)2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
(C) 菊池真理子/秋田書店 (C)2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
(C) 菊池真理子/秋田書店 (C)2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

松本穂香主演で、「涙がとまらない」と反響を呼んだ実録コミックエッセイを映画化した『酔うと化け物になる父がつらい』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。本作で松本は、酔うと“化け物”になる父に振り回され、格闘する長女・サキを演じる。

『酔うと化け物になる父がつらい』ポスタービジュアル

本作は、アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイが原作。主人公・田所サキを演じるのは、TBS日曜劇場『この世界の片隅に』(18年)で注目されて以降、主演映画が立て続けに公開され、目覚ましい活躍をみせる女優・松本穂香。自分の気持ちに蓋をするサキの感情の機微を、繊細な演技で体現する。

酔うと“化け物”になるサキの父・田所トシフミを演じるのは、唯一無二の存在感で名バイプレーヤーとしても名高い演技派・渋川清彦。サキを苦しめる存在でありながらも、どこか憎みきれない雰囲気を感じさせる。さらに、ともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった個性豊かな俳優陣が集結する。

メガホンをとるのは、長編映画デビュー作『ルームロンダリング』(18年)で注目を浴び、話題を集めたドラマ24『きのう何食べた?』(19年)でも監督をつとめた新鋭・片桐健滋。また、3人組お笑いユニット「ザ・プラン9」の久馬歩も共同で脚本を担当。「涙がとまらない」と圧倒的な反響を呼んだ原作の雰囲気を守りつつ、オリジナル要素を加え、つらい体験や悲しい出来事をコミカルに仕上げている。

予告編は松本演じるサキの「思い出の父はいつも酔っていた」という台詞から始まり、その言葉通り、渋川演じる父・トシフミが酔っ払った様子のカットが続く。クリスマスに2階の窓から乱入、風呂場に全裸で横たわる、帰宅後すぐ玄関に倒れ込む……家族の夜の団らんは決まって酔っ払った父の介抱に追われる。アルコールに溺れる父と新興宗教にハマる母という、一風変わった家族にサキは振り回される。

そんな日常を送っていたある日、トシフミに病気が発覚。それをきっかけに、これまで知ることのなかった“化け物”の背景が垣間見え、サキはこれまで心にしまっていた父への思いに気付いていく。衝撃的なタイトルでありながら、ポスタービジュアルでは一見ほのぼのとした家族4人の食卓風景が切り取られている。一方予告編では、父親につかみかかり「私たち家族のことをなんとも思ってないことが悲しい」と涙する松本の熱演が、こじれた父と娘、家族のドラマを予感させる。また、GOOD ON THE REELが本作のために書き下ろした主題歌「背中合わせ」が、本予告編で初披露されている。

『酔うと化け物になる父がつらい』は、3月6日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開となる。