佐藤健、6年ぶり台湾降臨に現地ファン大興奮!報道陣も多数集結

#佐藤健

台湾に降臨した佐藤健
台湾に降臨した佐藤健
台湾に降臨した佐藤健
空港でファンと記念撮影する佐藤健
台北市内で実施された記者会見に出席した佐藤健
記者会見に出席した佐藤健
舞台挨拶の模様
舞台挨拶でファンと集合写真を撮影する佐藤健

俳優の佐藤健が1月2日、主演映画『ひとよ』が現地時間3日から公開される台湾におもむき、記者会見および公開記念舞台挨拶イベントに参加。駆けつけた報道陣や多数のファンとつかの間の交流を楽しんだ。

台湾に6年ぶりに降臨した佐藤健、その他の写真

本映画は、国内で昨年11月8日に公開された白石和彌監督の最新作。15年前に愛する夫を殺めた稲村家の母・こはる(田中裕子)と、稲村家の三兄妹の長女・園子(松岡茉優)、長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤)の再会劇を描く。

佐藤が降り立った台北松山空港には、平日昼間にもかかわらずファンが約100名、マスコミも15社集結。佐藤がロビーに姿を現すと、大歓声があがった。佐藤は熱烈な歓迎に驚きながら「こんにちは、佐藤健です。台湾の皆さんに会いに来れてとてもうれしいです」と手を振り、ファンの声援に応えた。

37社のマスコミが駆けつけた記者会見では、白石監督と初タッグを組んだ感想を聞かれて「白石組にずっと参加してみたかった。白石組の雰囲気は想像したのと違って、とても和やかでスピーディーだった」とコメント。母役の田中との初共演は「田中さんの演技にゾクっとした」と手放しで称賛した。

また、佐藤自身の忘れられない“ひとよ”を問われて「ひとよではありませんが、今の事務所に声かけられた日はある意味で人生を変えた日でしたので、忘れられない“ひと日”でした」と回答。台湾に到着して「さっそく食べたかった小籠包いただきました!」と明かした。

夜に3回行われた舞台挨拶はチケットが即完売し、のべ1000名以上の観客を動員。佐藤はファンと集合写真を撮影し、観客から事前募集した質問に次々回答。“忘れられないひとよ”をたずねられて「今晩なのではないか」と答えると、場内のボルテージは最高潮に。佐藤は「次は6年も空けず、もっと早く新しい作品と一緒に、また台湾のみんなに会いに来たいです。そのためにも頑張りますので、その時またぜひ会いに来てください」と締めくくった。