菅田将暉×小松菜奈W主演映画『糸』、ポスタービジュアル解禁

#菅田将暉

(C) 2020映画『糸』製作委員会
(C) 2020映画『糸』製作委員会

中島みゆきの名曲に着想を得た映画『糸』より、W主演を飾る菅田将暉と小松菜奈が、花々に囲まれた姿が印象的なポスタービジュアルが解禁された。

[関連]菅田将暉×小松菜奈W主演、中島みゆきの名曲を映画化する『糸』追加キャスト発表

本作は、平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間を、中島みゆきの名曲「糸」に乗せ、雄大な北海道をはじめ、東京、沖縄、シンガポールを舞台に描いた作品。菅田が演じるのは、北海道で生まれ育ち、チーズ工房で働く青年・高橋漣。そんな漣と運命的に出会いつつも中学生の時に離れ離れとなってしまう少女・園田葵を小松が演じる。2人の共演はこれで3度目となる。共演には榮倉奈々、斎藤工、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみなど、豪華キャストの出演も発表されている。

珠玉の名曲「糸」は、中島みゆきが知人の結婚を祝して作り、1998年にリリース。糸を人に見立てて、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌ったこの曲は、ドラマや数多くのCMに起用され、有名アーティストが次々とカバーを発表、その数は120組近くに及ぶ。昨年末の「第70回NHK紅白歌合戦」では島津亜矢が熱唱したことも記憶に新しく、今なお多くのアーティストたちに愛され、歌い継がれている。

そんないつまでも色あせない珠玉の名曲を、男女の壮大な愛のストーリーに置き換えた本作。解禁されたポスタービジュアルでは、本作の最初の舞台であり、主人公の2人が生まれ育った地である北海道のラベンダー畑がバックに広がり、背中合わせの菅田と小松が花々に囲まれた姿が印象的だ。ポスターにあわせて、特報映像も解禁となっている(https://bit.ly/39JCErq)。

『糸』は4月24日より全国公開となる。