『ジョーカー』ついに興収50億円突破!劇場上映は1/9まで

#ジョーカー

(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
TM & (C) DC. Joker (C) 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

10月4日に封切られて以来、大旋風を巻き起こしていた映画『ジョーカー』が12月15日に興行収入50億円を突破したことがわかった。詳細な数字は興収50億121万1000円、観客動員343万1450人となっている。

[動画]心優しき青年は、なぜ悪のカリスマ・ジョーカーに変貌したのか?/ホアキン・フェニックス主演映画『ジョーカー』予告編

また、第77回ゴールデングローブ賞で4部門、第25回放送映画批評家協会賞で7部門、2020年全米映画俳優組合賞で2部門にノミネートされるなど、本作は各賞レースでも脚光を浴びており、アカデミー賞の呼び声も高まっている。

現在のところ、映画館での上映は2020年1月9日までとなっており(劇場により順次終了)、スクリーンで味わうことができるチャンスもあとわずか。その後は、デジタル配信やパッケージで楽しむことができる。詳細は以下の通り。

『ジョーカー』
2020年1月8日デジタルセル先行配信開始。1月29日ブルーレイ&DVD発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
■【初回仕様】ブルーレイ&DVDセット(2枚組/ポストカード付)4980円(税込)
■【初回仕様】<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(2枚組/ポストカード付)6980円(税込)
■デジタルセル先行配信開始 ■ブルーレイ&DVDレンタル、デジタルレンタル同日開始
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント