娘は生き返ってはいけなかった!S・キング原作の悲哀なるホラー『ペット・セメタリー』予告編解禁

#家スティーヴン・キング

(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』や『ドクター・スリープ』など、原作の映画化が相次ぐベストセラー作家スティーヴン・キングの、悲哀なる“禁忌”ホラー映画『ペット・セメタリー』の予告編が解禁となった。

『ペット・セメタリー』、その他の写真

スティーヴン・キングが自身の原体験からインスパイアされ、1983年執筆当時あまりの恐ろしさに出版をしばらく見送った悲しき“禁忌”ホラー『ペット・セメタリー』。「最高のスティーヴン・キング映画の1つ」とも評された本作には、主演の父親ルイス役に『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のジェイソン・クラーク、その妻レイチェル役に『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツ、一家の隣人ジャド役に『インターステラー』の名優ジョン・リスゴーが名を連ね、娘エリー役で新鋭ジェテ・ローレンスが怪演を披露している。

家族と田舎に引っ越した医師ルイス(ジェイソン・クラーク)。新居の裏には謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”があった。ある日、飼い猫が事故にあうと、墓地を越えた奥深くの森で猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に豹変した猫が姿を現わした。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして迎えた娘エリー(ジェテ・ローレンス)の誕生日、彼女は交通事故で帰らぬ人になってしまい、嘆き悲しんだルイスはある行動をとる。

解禁となった予告編は、「エリーが森で、ふしぎなお墓を見つけたの」という母レイチェルのセリフと共に、エリーが動物のお墓が数多く建てられている謎めいた墓地“ペット・セメタリー”に足を踏み入れる不穏なシーンから幕を開ける。その墓地に、不安そうな表情を浮かべるエリーに対し、父ルイスは「怖がらなくていい。自然な場所だよ。死は自然なことだ」とやさしく語りかける。

が、そんなある日、娘エリーの誕生日を祝っている最中に、埋葬したはずの猫が蘇り、猫を見つけたエリーはそこで交通事故に遭遇し、命を落としてしまう。悲しみに暮れる父ルイスは、ペット・セメタリーのはるか奥の森に先住民が恐れる秘密の“死者が蘇る土地”があることを知り、「気持ちは分かるが、アレは別の生き物だ」という隣人ジャドの忠告に耳を貸さず、エリーを蘇らせるために禁断の手を打ってしまう。

「娘は生き返ってはいけなかった」というナレーションと共に映し出される、蘇った娘を受け入れられない母レイチェルの恐怖の表情、凶暴化した猫、豹変して襲いかかるエリーの姿といったす怒涛の恐怖シーン。はたして、父親が犯した“禁忌”の代償がもたらす恐怖とは?

『ペット・セメタリー』は2020年1月17日より全国公開となる。