『トイ・ストーリー4』の次はこれ!ピクサー最新作『2分の1の魔法』予告編解禁

#2分の1の魔法

『2分の1の魔法』ポスタービジュアル
(C) 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『2分の1の魔法』ポスタービジュアル
(C) 2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

この夏、『トイ・ストーリー4』が世界中で大ヒットしたピクサーの最新作『2分の1の魔法』の日本オリジナル予告編&ポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『2分の1の魔法』日本オリジナル予告編

本作は<かつて魔法があふれていた世界>を舞台にした感動のファンタジーアドベンチャー。主人公は自分に自信が持てず、何をやっても上手くいかない内気な少年イアン。16歳の誕生日プレゼントに亡き父が母に託した魔法の杖をもらう。杖と共にもらった手紙に書かれていたのは<父を24時間だけ蘇らせる魔法>だった。だが、その魔法に失敗し、父は足だけ(2分の1)の姿で蘇ってしまい、魔法オタクの兄バーリーと一緒に、父を全部蘇らせる魔法を探す冒険へと繰り出す。

解禁となった予告編は、「はるか昔、世界は魔法にあふれていた」というナレーションと共に幕開け。「だが、いつの間にか、魔法は消えてしまった」と続いていく。イアンは、そんな<魔法が消えかけた>世界に暮らしており、一度でいいから父に会いたかったと思っている。そして「ねえ、父さん。僕は何をやっても中途半端。今日で16歳になるのに」とつぶやいている。

そのイアンに母が「プレゼントがあるの」と言って渡したのは、父から16歳の誕生日に渡すようにと託されていた魔法の杖と手紙。イアンは「もしかして、父さんを生き返らせることができる」と喜ぶも、魔法は失敗に終わり、父を“半分”の足だけの姿で復活させてしまうことに。「ああ、どうしよう。魔法が半分しかかかっていない」と頭を抱えるイアンに、魔法オタクで陽気な兄バーリーは「あきらめるのは、まだ早い」と励まし、24時間というタイムリミットの中で父を完全(全部)に復活させる魔法を探すために、2人は旅に出る。

本作のメガホンをとったのは、『モンスターズ・ユニバーシティ』(13年)のダン・スキャンロン。若い頃に父を失った監督自身の体験をもとに“Story is King(全ては物語を伝えるため)”のピクサーが技術や設定を超えて丁寧に描く本作『2分の1の魔法』は、2020年3月13日より全国公開となる。