冨永愛、モデルとしての20年を振り返り「ちょっと泣けてくる」

冨永愛
冨永愛
冨永愛
冨永愛
綾瀬はるか
指原莉乃
杉咲花
黒柳徹子
近藤麻理恵
松任谷由美
美佳
リナサワヤマ
トロフィーをデザインした清川あさみ
渡辺直美(左)と城田優(右)

「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」授賞式が、11月20にグランドハイアット東京にて開催され、受賞者の冨永愛をはじめ各方面で活躍する女性たちが、華やかな衣装で会場を彩った。

「VOGUE JAPAN Women of the Year 2019」授賞式、その他の写真

「VOGUE JAPAN Women of the Year」は、さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せ、スタイル・生き方・美において雑誌「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした“ヴォーグな女性たち”を選出し表彰する。「VOGUE JAPAN」が20周年の節目を迎えた今年は、プレゼンターを城田優と渡辺直美がつとめた。2019年に圧倒的に活躍した女性に贈られる「Women of the Year」には片づけコンサルタントの近藤麻理恵、タレントの指原莉乃、女優の杉咲花、シンガーのリナサワヤマ、プロゴルファーの渋野日向子が、「Rising Star of the Year」にはモデルの美佳が選ばれた。

キャリアを通して輝いた女性に贈られる賞「Women of Our Time」には、女優の綾瀬はるか、モデルの冨永愛、歌手の松任谷由美、テレビ司会者の黒柳徹子が選ばれた。数々のトップブランドのランウェイを歩き、現在放送中のTBSドラマ『グランメゾン東京』にも女優として出演するなど、多彩な活躍を見せる冨永。当時まだ17歳だった彼女がモデルとして世界に羽ばたくきっかけを作った、高校の制服姿で撮った1枚が掲載されたのは、他ならぬVOGUE JAPAN。

黒のシックなロングドレスで登場した冨永は「この度は素晴らしい賞をいただき、本当に嬉しく思います。10年前ですかね、『Women of the Decade』という賞をいただいて。私がまたここに立つことができるのは、共に戦ってきたスタッフ・家族のおかげ。彼らと最愛の息子にこの賞を捧げます」と挨拶。一つひとつ言葉を選ぶようにスピーチし「創刊時から20年という長い間を共に歩いてきました。20数年もモデルとしてやれてるのは本当にありがたい、ちょっと泣けてくる」と言葉をつまらせる場面も。

スピーチの最後に冨永は「ファッション業界も時代と共に変わっていくものですが、確固たる地位を築き、そして新しいことにチャレンジするVOGUEと、また新たな未来を見ていけると思います。これからも『冨永愛って良い表現者だな』と思ってもらえるようにがんばります」と抱負を述べていた。